ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

チャレンジなエリアへの旅行には、紙の本を1冊持とう

4月に訪問したネパールでは、最後にカトマンズを発つ際に、空港閉鎖のインシデントに遭遇しました。

 

ネパール航空バンコク行き午前11時のフライトに搭乗予定でした。出発時刻の3時間前の午前8時に、タクシーで空港に到着しました。タクシーを降りると、大勢の旅行客でごった返しています。ずいぶんと賑やかな空港だなと思っていたら、どうも様子がおかしい。

 

空港建物入口にセキュリティーゲートがあるのですが、そこへ人が流れて行っていないのです。ゲートが閉まっています。どーなってるの? 旅客の皆さんの表情も、どこか険しい。

f:id:jomtien:20180618165545j:plain

 

 

たまたま通りかかった空港職員とおぼしき人に尋ねてみると、驚愕の答えが返ってきました。

「昨晩22時に、マリンド航空機が滑走路でオーバーランし、以降ずっと空港閉鎖になっています。再開がいつになるかは分かりません」とのこと。ぎゃーーー。

 

全然、知らんかった。朝、宿をチェックアウトする際に、フロントの人は何も言っていなかったし、タクシーの運転手さんも何も言っていなかった。空港閉鎖って、大ニュースのはずたよね!?!?

 

さて、どうしよう。空港に着いたとはいっても、空港建物内には入れておらず、広い軒下部分に、大勢の旅行客がごった返しいます。航空会社のカウンターも、飲食店もトイレも、何もありません。もちろん空調無し。暑い。ネパールルピーの現金はほとんど使いきってしまっていて、街に戻るタクシー代も持っていない。銀行ATMも無い。

 

仕方なく、手持ちのスマホで、情報検索。オーバーラン事故の詳細と空港再開の見通しについて、英語で検索するものの、なにもヒットしない。死傷者が出たのか、機体爆発したのか、何も判らない。ここは国際空港なのに。どういうこと?

空港建物入口のドアには、オーバーラン事故にまつわる張り紙掲示もアナウンスも、皆無。出発便フライト状況一覧は、小型テレビに表示されてはいるものの、DELAYとかCANCELLEDの表示は一切なし。あたかも、何も異常が無いかの様。航空会社のカウンターが無いので、問い合わせも、便振り替えなどの手続きも、一切できない。

 

利用予定のネパール航空のバンコク行きは、デイリーではなく週3便のフライト。もし今日乗れなければ、最短でも明後日になる。しかもネパールはタイと同じく、4月中旬がお正月で、いまが超混雑シーズン。明後日のフライトにだって、乗れない可能性が大きそう。いったい、いつまでここに足止めを喰うんだろう。

かと言って、国際便が飛んでいる他の街まで車で行って、ネパールを離れるのも無理。

ネパールにはカトマンズにしか国際空港は無い。道路事情が劣悪で、平均時速20㎞以上出せる道路が、そもそも無い。

 

もうこれは、観念して待つしかありません。

周囲の人たちは、台車カートやハードスーツケースの上に、腰かけていました。

私は椅子がわりなるものを何も持っていなかったので、手持ちの空のコンビニ袋を床に敷いて、その上にあぐら座りしました。周りに、床に直接座り込んでいる人はいませんでしたが、見た目なんぞに構っていられません。体力温存が最優先です。

 

 

温存すべきものがもう一つ。スマホのバッテリーです。一通り状況確認が終わったところで、電源をきりました。夜まで待って、街へ戻って宿探しをしないといけない事態になったら、スマホは必須になります。

 

あらためて辺りを見回してみると、皆さん長時間の待ちを覚悟しています。

旅慣れた風情の何人かは、厚い本を読みふけっていました。

f:id:jomtien:20180618170414j:plain

 

なるほど。

 

通常、ヒマつぶしと言えばスマホいじりですが、今はそれが許される状況ではない。たからアナログの紙の本を読むんですね。Kindle全盛のこのご時世、重い紙の本を旅行に持っていくなんてナンセンスだと思っていましたが、考えを改めました。

チャレンジなエリアへの旅では、リスク対応用品として、紙の本1冊を荷物の中に入れるのが、良いようです。

 

 

たまたま隣にいた10人ほどのフランス人団体客さんがいました。交代で荷物版をしながら、あちこち歩き回って、情報収集しているようでした。そして、もしかしたら昼過ぎに空港再開するかもしれない、と教えてくれました。

 

そして午前11時半、突然何の前触れもアナウンスもなく、建物入口のセキュリティーゲートが開き、空港再開となりました! 結局、待ち時間は3時間半のみで済みました。

 

搭乗予定便が、カトマンズ空港ベースのネパール航空だったのが、幸いしました。

外国系の航空会社の便が、どれも軒並み12時間もの遅延になる中、私のフライトは4時間半遅れのみで済み、何とかその日のうちにバンコクへ戻れました。

 

帰国翌日に知った報道では、こうなっていました。

goo.gl

41922時ころ、マレーシアのLCCマリンド航空の機体がクアラルンプールに向け、離陸のため滑走路上で加速を始めたところ、異常を知らせる計器の警報が鳴り、急遽離陸を取りやめ、緊急停止しました。機体は滑走路をオーバーランし、空港外の草むらに突っ込み、ようやく停止しました。幸い乗員乗客は全員無事で、機材に目立った損傷もなかったのですが、一歩間違えれば大惨事となる重大インシデントでした。結果、空港は14時間閉鎖の大混乱となりました。

f:id:jomtien:20180618180450j:plain