読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東160km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

プチ雨季が明けました

今朝は、久しぶりの穏やかな青空でした。海水浴日和です。

 

昨日までの四日間は、ずっと雨でした。

一日中じとじとした雨で、かつ短時間にドカンと降るスコールもありました

 

そう言えば四年ほど前にも、一月中旬にまとまった雨が降ったことがあります。

その時は、七日間連続で雨でした。

一月は乾季真っ只中のイメージですが、こういうも天候あるんですねー。

 

f:id:jomtien:20170112234622j:plain

写真は昨日夕方、スコールが止んた直後に、ジョムティエンからパタヤに向かう

ソンテウ(乗合トラック)に乗っていて、後続のタクシーを撮ったものです。

ワーンว่าง(空車)の赤い表示が出ています。

 

これは実は、ワタクシ的には画期的な写真です。

 

今やジョムティエンでは、

「雨に降られたら、通りがかりのタクシーを停めてて乗ろう」

というのが、夢物語では無くなってきました!

 

3年ほど前までは、ジョムティエンには「セダンの冷房付きタクシー」などと

いう代物は存在しませんでした。

パタヤ市中心部のショッピングモール前に、数台停まっている程度でした。

 

それが今では台数が徐々に増え、ジョムティエンのビーチロードでも

時おり見かけるようになってきました。

 

料金は、距離に関係なく一律300バーツ。交渉しても、それほど値切れません。

運賃メーターは装備されてますが、使われていません。

庶民の足ソンテウの30倍もの料金なので、地元の人は誰も使いません。

 

それでも、ソンテウの荷台に乗り降りするのがしんどい高齢の外国人客、

暑さでぐったりしている子ども連れの外国人観光客には、重宝でしょう。

あともちろん、急な雨降りの際にも。

 

安全性・快適性はともかく、格安で使い勝手の良いソンテウという乗り物があるので、

今後セダンタクシーの台数が急激に増えて、移動の主役になることは無いでしょう。

バンコク市内のように、メーターを倒して走るようになるのは、遠い遠い先のことと思われます。

 

ともあれ、セダンタクシーが登場してきたことで、選択肢が増えたのは喜ばしいです。