ヒデヨのジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

4軒のクリニックまとめ@ジョムテェン地区

病気や怪我の際、ジョムテェン在住者が取る方法は、3つあります。

 

A: 近所の薬局で医薬品を買ってきて服用し、自宅で治るのを待つ。

B.: ジョムティエン地区のクリニックへ行き、診てもらう。

C: パタヤ市内の大型総合病院、主にバンコクパタヤ病院Bangkok Hospital Pattayaへ行き、診てもらう。

 

になるかと思います。

 

B:のクリニックについては、この3年ほどで選択肢が増えて、現在4軒ありますので、まとめておきます。

 

 

1.チャンヤクリニックChanya Clinic

私のかかりつけ医です。おじいちゃん先生とおばあちゃん先生が診てくださいます。

早い安い上手い。診察スタイルは昭和チックですが、とにかくここに来れば、大抵の不具合は治ってしまうので、何の異存もございません。信頼しています。

 

場所は、ジョムティエン2nd Road沿い。金色の猿のハヌマーン像交差点すぐ近くで、分かりやすい。駐車する際は、交通量が多く路肩駐車は危ないので、すぐ先の路地を左に曲がった所で停めると良いです。

開院時間: 9時から18時。年中無休。

goo.gl

f:id:jomtien:20180705154547j:plain

 

 

 

 

2.オリヴィエクリニック Dr.Olivier Clinic

以前はサウスパタヤで開業していましたが、3年ほど前にジョムティエンへ移転してきました。スイス人医師が診てくださいます。仏語・独語で診てもらえるので、欧州人患者に人気があります。日本では、青い目の個人クリニック開業医はみかけませんが、パタヤジョムテェンではチラホラいらしゃいます。

ホームページは美容痩身専門のように見えますが、一般の疾病や怪我も診てもらえます。

場所は、テパシットロードSoi12を入って右奥。Soi12入口はマンションの私道のように見えまずが、入っていって大丈夫です。スーパーFoodmartからは徒歩600m。

開院時間: 平日9時から16時。土曜は午前のみ。日祝休。

goo.gl

 

 

 

3.バンコクパタヤ病院ジョムティエン分院  Bangkok Pattaya Clinic Jomtien Branch

ノースパタヤにあるバンコクパタヤ病院から分離して、2014年にソフトオープンし、現在に至っています。

糖尿病のような慢性疾患や妊娠の経過観察、本院での手術後の定期的な包帯交換、といった用途に使えます。もちろん、病気や怪我による一般外来もオッケーです。

ジョムティエンで唯一の、24時間体制の医療機関になります。もしここの設備の手に余るようであれば、すぐにノースパタヤ本院へ転送になります。

場所はスクンビット通り沿い。Soi Khao Talo 三叉路の北側。ジョムティエン中心部からだと'、テパシット通りからスクンビット通りに出てから、一旦サウスパタヤの交差点まで行き、そこでUターンして、分院へ向かうことになります。

goo.gl

 

 

 

4.モンコルクルニック Dr.Mongkol Clinic

古くからあるクリニックです。空港行きバスターミナル待合室の3軒隣なので、場所は分かりやすい。

リウマチ/関節炎が専門ですが、幅広く何でも診てくれます。ちょっと治療費は、割高な印象。

開院時間:月曜から金曜 10時〜17時。

goo.gl

 

 

以上です。

 

どのクリニックも、予約なしのウォークインで診察してもらえます。パタヤ市内の病院とは異なり、やって来る患者の大半が西洋人です。日本の保険会社で費用がカバーされる方は、しっかり領収書を貰って、後日医療費払い戻しの手続きをしましょう。

 

具合が悪い際には、なるべく自宅近くのクリニックで済ませたいものです。

Thappraya Road, Jomtien 2nd Road, Jomtien Beach Road沿いにお住まいの方は、チャンヤクリニックへ、

Thpprasit Road沿いの方はオリヴィエクリニックへ、

Sukhumvit通り沿いの方は、バンコク病院ジョムテェン分院へ、

行くのが、便利かと思います。