ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

ビーチは禁酒に加え禁煙も

タイの英字紙バンコクポストの報道によると、タイのビーチでは来月11月から、喫煙が禁止されます。

www.bangkokpost.com


タイ全土ののビーチのうち、20カ所が対象です。もちろんパタヤも入っています。ということは、パタヤ広域市の一部であるジョムティエンビーチも、対象になります。

違反者は、最高1年の懲役もしくは10万バーツ(30万円)の罰金。今月10月22日・23日にプーケットで海洋投棄に関する国際会議が予定されており、それに対するホスト国としてのアピールのようです。


今月10月より、ジョムティエンビーチではお酒が禁止されたばかりです。これで、禁酒禁煙のビーチということになります。

jomtien.hatenablog.com


実際にどこまで禁酒禁煙が運用上取り締まられるのか、注意深く見守りたいと思います。もしも徹底されるのであれば、日本よりも厳しいということになります。

私自身は非喫煙者なので影響はありませんが、フランスなど喫煙大国のバカンス客の皆さんには、むろん不評でしょう。長期的には、ビーチの健全化に貢献する施策ではあるのでしょう。

 

ジョムティエンビーチには、名物のタバコ売りお姉さんがいます。ちょっとドスの利いた声で、「You want Marlboro?!」と売り歩いています。もしかして、あの独特の売り声が聞けなくなったら、ちょっと寂しい気がします。

 


タイは何でも適当ユルユルで、何をしてもオッケーオッケーという時代は、一歩ずつ確実に過去のものとなりつつあるようです。

 

f:id:jomtien:20171011171100j:plain