ヒデヨのジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

借りてきた猫のようにおとなしいの比喩業減は、想像以上に本物でした

我が家に、猫が2匹がやってきました。

 

ガーフィールド Garfield  2歳半♂ (大)

立派な体格で、見た目に4コマ漫画キャラのガーフィールドそのまんま。通称、大きい方。

f:id:jomtien:20180808075156j:plain

 

リトルビット Little bit  2歳♂ (小)

標準体型ですが、ガーフィールドに比べっると、相対的に小さい。かなりの人見知り。

f:id:jomtien:20180808075225j:plain

 

どちらも茶色の毛並みの男の子です。カワイイ。小さい頃、前の飼い主さんに、路上で拾われました。

近々、前飼い主さんは引っ越しすることになり、新しい飼い主を探していました。

友人がその情報を聞きつけ、縁あってウチに来てくれることになりました。

 

 

ウチに来て10日あまり経ちますが、まだまだ慣らしの段階です。

 

Day1~Day6: 失踪状態。

2匹とも物陰に隠れ、姿を見せない。まったくエサを食べない。

1日おきくらいに、物陰に隠れているのを発見する。発見しても逃げていかないし、触らせてもくれる。

ただし、頭や背中を撫でても、まったくの無反応。ピクリとも動かず、視線を合わせず、まるで置物のよう。撫でている私が存在していないかのような、完全なガン無視

まだ私を、誘拐犯だと思っているのかも。

 

最初はテレビの背後やベッドの下など、分かりやすい場所に潜んでいたが、どんどん学習を重ね、より見つかりにくい所へ入り込んでいく。引き出しを開けるのを覚え、戸棚の奥にまで入り込み、発見不可能となっていく。

トイレは、3日目と4日目に1回ずつ、使った形跡あり。

 

Day7: かすかな慣れの兆候

大: 発見し撫でていると、あくびをした。

小: 発見し撫でていると、ごくかすかに喉をゴロゴロ鳴らした。

 

Day8: 定位置が定まってきた

大: 手すりに引っ掛けてあった絨毯が気に入り、その陰に常時隠れている。

小: バスルーム洗面台下の戸棚が気に入り、その中に常時隠れている。

 

Day9: 状況前進。私を怖がらなくなってきた。

大: 抱き上げてベッドの上に置くと、そのまま5分くらい、ベッドの上で大人しくしていた。数時間後、大量のエサを食べた!

小: バスルーム床に座った私の周りを、ぐるぐると回りながら5分間ほど、体を擦りつけてきた!

 

Day10: 状況停滞

大: ベッドの上へ連れてくると、速攻で逃げていった。

小: 呼びかけると、戸棚の中から、自分から出てきた。ただし、ベッドの上へ連れてくると、速攻で逃げていった。まだ、バスルームの外に出るのは無理。

 

Day11: 一歩前進

 大: 夜中にに寝室の床を歩き回り、数回鳴き、ベットの上に飛び乗ってきた。

小: バスルームの外2メートルの範囲まで、出られるようになった。

 

 Day12: ちょっぴりコミュニケーション

私の目の前で、2匹がしばしじゃれあって、互いの体を舐めあった。

 

 

借りてきた猫のようにおとなしい、という比喩表現がありますが、本物の猫ちゃんたち2匹は、想像以上です。筋金入りです(笑)。

基本的に、それぞれの定位置に、一日中じっと潜んでいます。まだまだ部屋中を昼間自由に歩き回るのは、無理な段階。外出から帰ってきたら、猫たちがドアのところまで迎えに来てくれるようになるまで、気長に見守りたいと思います。