ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

マギーのソースは味の素ではなく、お醤油に相当する調味料

バンコクに泊りがけで出掛け、翌朝に高速道路 Chalem Maha Nakhon Expresswayの下道経由でジョムテェインへ帰る場合、途中のスクンビットSoi64にある道の駅は、朝食を撮るのに便利です。ガソリンスタンドを囲むように、10店舗ほどの飲食店が並んでいます。

f:id:jomtien:20180613153140j:plain

 

その中のブラックキャニオンコーヒー Black Canion Coffee で、初めて朝食メニューを体験しました。ブラックキャニオンは、タイ全土にチェーン展開していて、ドリンクだけでなく食事メニューも豊富です。地場系チェーン店で、洋食メニューが在住欧米人に広く支持されている、珍しい存在です。店名にもなっているレギュラーのブラックコーヒーは、濃厚で美味しい。ゼガフレードやスタバに負けないクオリティです。

Black Canyon Coffee & Eatery

 

f:id:jomtien:20180613153333j:plain

 

朝食メニューは、思いっきりタイ人向け仕様です。私は目玉焼きとキチンソーセージのセットを注文しました。98バーツ(330円)。

ウェイトレスさんは、出来上がった目玉焼きのプレートとともに、マギーの黄色いソース瓶を、私のテーブルに置いていきました。

 

マギーのソース Maggi Seasoning Sauce は、タイの食堂では、ときどき卓上にあるのを見かけます。でも今まで一度も、使ったことがありませんでした。別に嫌いなわけではなく、何に振りかけて食べるのか、分からなかったからです。

goo.gl

 

でも今日のこのシチュエーションなら、目玉焼きにかける以外ありません。そうか、これは目玉焼きにかけるのなおか。

 

「なんかちょっと抵抗あるな。目玉焼きに味の素をかけるみたいで。」 と、連れに言いました。

自分の中では、マギー = 固形チキンブイヨンの素 ≒ 味の素、の固定観念があったからです。

 

しかし、連れに言われました。

「違うよ。マギーは味の素じゃなくて、お醤油の類いだよ。目玉焼きに醤油をかけるのは、抵抗ないでしょ?」

 

それはそうか。マギーソースは確かに茶色っぽい液体だから、醤油っちゃ醤油だよなぁ。

意を決して(笑)、数滴を目玉焼きにたらして、食べてみました。

f:id:jomtien:20180613153541j:plain

 

ちゃんと美味しいやん! お醤油よりもマイルドで、特にしつこい人工調味料的な感じはしません。これなら、野菜炒めとかに調味料として使っのも、良さそうです。

 

何をいまさらと言われそうですが、何年経ってもタイ生活には、日々新しい発見があります。