ヒデヨのジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

タプラヤロード交差点にある金色の猿の化身像は、ハヌマーンではなく、その息子のマチャヌでした

サウスパタヤ発ジョムティエン行き路線ソンテウに乗車し、幹線道路Thappraya Road タプラヤロードとジョムティエン2ndロードの交差点にある、金色の猿の化身ハヌマーン像のところで、下車しました。

f:id:jomtien:20181119165711j:plain

 

像の周りの池がお化粧直しされており、看板ができていました。 มัจฉานุ Machenu Statue マチャヌ像と書いてあります。

f:id:jomtien:20181119165854j:plain

 

マチャヌって何? この像はヒンズーの猿神ハヌマーンじゃないの? これまでバイクタクシーの運転手さんたちには、ハヌマーンでちゃんと通じてたんだけどなぁ。

自宅に戻り、ググってみました。ウィキペディア英語版に、Machanuの説明がありました。

Macchanu - Wikipedia

引用和訳:

「マチャヌは、ヒンズーの叙事詩ラーマヤナに登場する、猿神ハヌマーンの息子。

ハヌマーンがラーヴァナ王の軍隊と対峙した際、上半身は森の民ヴァーラナ族で下半身が魚という強敵に遭遇した。激しい戦闘ののち、ハヌマーンは金色に輝く星を武器にして、その化け物に攻撃を加えようとした。すると天の声がして、その敵はラーヴァナ家の人魚の娘スヴァンナマチャと、ハヌマーン自身との間に生まれた息子であることが明らかになった。ハヌマーンはただちに武器を宙に放り、父子の出会いが果たされた。」

 

 

そういうことだったんですね。確かに交差点の像は、上半身が猿で、下半身が魚です。つまり上半身が父親似で、下半身が母親にということになります。なるほど。

 

ちなみにこれは単に、私の無知だったようです。

ジョムティエン在住10年以上の欧州人の知人2名に声をかけ聞いてみたところ、即座に「マチァー」と答えが返ってきました。地元タイ人2名に聞いたら、「マチャチャイ」の返事でした。これまで私がハヌマーンと呼んで通じていたのは、正解ではないけれどハヌマーンの方が知名度の高い神様だから、地元の人が気を利かして理解してくれていただけのようです。(笑)

 

グーグルマップでは、Hanuman Statueハヌマーン像となっています。いずれ修正されることでしょう。