ヒデヨのジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

魚豆腐とシマヤだしでようやくお味噌汁完成

使う具材を上手く選べば、ホットクックではダシ無しで味噌汁が作れるようです。かつお節や昆布の入手が不可能なジョムティエン暮らしには、朗報です。

 

3か月前の本体購入以来、数種類の野菜・キノコ・豆腐類で、何回かトライしてみました。ただどうしても、味の物足りなさは拭えませんでした。味噌自体は外国人向けスーパーで何とか買えるのですが、長期熟成の高品質味噌は入手できません。なので、ダシなしで味噌だけで調味するには、限界がありました。

 

ただ今月に入り、2つのアイテムを使うことで、無事おいしい味噌汁を作れるようになりました。

 

アイテム1: ダォフーブラー เต้าหู้ปลา 魚豆腐。

豆腐に白身魚を練りこんだもののようです。柔らかい歯ざわりで、油揚げ感覚で使え、良いダシがでます。これで味噌汁の物足りなさが、かなり補えます。

ホットクックで味噌汁を作る際、一般の豆腐を加えると、自動かき混ぜ棒で粉砕されこっぱみじんになることがあります。これは揚げてあるので、かき混ぜられても粉砕されず、気楽に使えます。

テスコロータス Tesco Lotus で売っており、入手しやすくてお手頃価格なのも、良い点です。

f:id:jomtien:20181021190134j:plain

練り物につき、できあがりは汁を吸って、かなり膨れます。半分に切って使うと、ちょうと良いです。

f:id:jomtien:20181021190157j:plain

 

 

アイテム2: シマヤたしの素 顆粒だしスティック。

ホットクック調理に慣れてくると、どこか市販の調味料類を使ったら負け、という気分になってきます。顆粒だしはセントラルデパートのデパ地下スーパーで買えるのですが、これまでは敬遠していました。

 

ただどうしても味噌汁がうまく作れないので、スティック7本入りを買って、使ってみました。そしたら、思った以上においしく出来ました。ホットクックが密閉調理だからか、インスタントだしの味の単調さは、さほど感じられません。

f:id:jomtien:20181021190344j:plain

 

 

今週作った味噌汁の材料:

ジャガイモ1個、カボチャ少々、しいたけ5個、しめじ少々、白菜4枚、玉ねぎ1/2個、にんじん1/2本、魚豆腐1袋。シマヤだし6gスティック1本。

 

作り方:

具材重量と同じ重さの水を加える。自動メニュー混ぜあり Vegetable Soup 1-5でスタート。

終了後に、総重量の4%の味噌(塩分換算で約0.6%)を加え、延長3分。できあがり。

 

f:id:jomtien:20181021190649j:plain

具たくさんの味噌汁です。ようやく人様に出せるレベルで作れました。嬉しい。

 

ホットクックを買って3か月。かぼちゃの醤油にに続き、和食メニュー2品目の完成です。ウチには和食器もお箸も無いので、スープ皿に盛って、スプーンでいただきました(笑)。超スローペースですが、これから地道に和食のレパートリーを増やしていきたいと思います。