ヒデヨのジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

シャワーヘッドは消耗品として5年ごとに交換

半年に1回の頻度で、バスルームのシャワーヘッドを爪楊枝で掃除しています。

噴水の穴の目詰まりを取り除き、シャワーの勢いを保つためです。

bit.ly

最近ちょっとシャワーの勢いが落ちてきたなと思ったので、掃除してみました。しかし改善されません。シャワーのそれぞれの穴は小さなゴムパッキンで囲まれているのですが、そのゴムが経年劣化しているのかもしれません。

汚れをきれいに取り除いてみようと、一応シャワーヘッドを鍋に入れて、重曹を入れたお湯で煮てみました。しかし、ダメでした。どうやら、もう買い換えた方が良いようです。

 

やっぱビーチ暮らしだと、いろんなものが予想外に早めに劣化します。(苦笑)

 

うちはもともと水道圧が低いので、それに対応した細かい穴のシャワーヘッドが必要です。今まで使っていたのをそのままホームセンターへ持ち込んで、最も形状が似ている品をピックアップしました。

 

 製品名: Hang HS-530 

価格:  700バーツ(2,400円)

購入店: baan&BEYOND パタヤ店

f:id:jomtien:20190711192732j:plain

f:id:jomtien:20190711192707j:plain

 

いや、交換してみたら、思ってた以上に快適です。熱いお湯が勢いよく出て、気分が良い。まさかこんな些細な交換で、生活の質 QOL Quality Of Life アップが実感できるとは、思いませんでした。

以前のシャワーヘッドは5年ぐらい使っていました。毎年お正月に、家のタオルを新調する話は、よく聞きます。同じノリで、シャワーヘッドも5年おきくらいに、壊れてなくても新調するのが、良いかもしれません。