ヒデヨのジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

交通ICカードの天府通卡 を買ったら、成都市内の移動が自由自在

成都市西部にある杜甫草堂博物館へ行こうと、市中心部のバスターミナルから、観光路線バスに乗ろうとしました。

料金が分からなかったので、地下鉄の初乗り運賃が2元(34円)だから、多分それでいいだろうと思い、1元紙幣二枚を出したところ、運転手さんが変な顔をし、降りて外へ戻るようにと指で合図しました。

したたなくバスの外に出ると、案内係らしき係員がいました。その係員に紙幣を見せても、やはり変な顔をします。中国語で何か言われるのですが、分かりません。

ちょうどその時、中国人の青年が1人、その係員にバス料金を尋ねに来ました。やはり2元のようです。それから係員は私に、紙幣2元をその青年に渡すよう指示しました。そしてその青年は、係員が持っている端末に自分のスマホをかざし、それでバスに乗り込みました。係員は、私もバスに乗るよう促しました。

 

どうやら青年が私のバス代を立て替えて、電子マネーで払ってくれたようでした。成都のバスには現金払いがないことを、その時知りました。青年は煙台から来ており、これからいくつかのお寺を見物しに行くとのことでした。

f:id:jomtien:20190507234307j:plain

 

宿の青年旅舎に戻って、フロントでことの顛末を話したところ、近所のコンビニで公交卡という交通ICカードを売っているから、それを買えばバスに乗れます、と教えてくれました。それで早速買いに行きました。コンビニでは、もらろん筆談です。

 

コンビニ  舞東風 Wu Dong Feng 

f:id:jomtien:20190502194948j:plain

 

交通ICカードの正式名称は、天府通卡 Tan Fu Tong。パンダのゆるキャラのイラストが描かれた、丸い金属バッジです。

天府通 - 维基百科,自由的百科全书

 

価格は35元(590円)、それに加えて乗車賃20元をチャージしてもらいました。

成都市内のみ有効で、地下鉄とバスの両方で使え、後日バッジを返却しての35元払い戻しはありません。地下鉄では切符券売機での現金払いは可能ですが、この天府通を使うと、料金1割引になります。2元の区間は1.8元、5元の区間なら45元へと、おトクになります。

f:id:jomtien:20190502195046j:plain

 

めっちゃ便利。このバッジを一個持ち歩くだけで、心理的に随分と、街歩きが楽になりました。

昨日投稿したSIMカード、スマホのBaidu百度地図アプリ、それにこの天府通が、3種の神器になります。

 

これら3つがあれば、どこへでも気軽に行けます。バスでしかアクセスできない郊外の観光名所へ、迷うことなく低料金で、行って来れます。バス停でパスを待つ際、乗る予定のバスがいくつ前のバス停まで来ているか、リアルタイムで百度地図アプリシ上に表示されるので、イライラせず心配せずに待てます。

散策し歩き疲れたら、その場で地図アプリを検索して、さっと路線バスで戻ることができます。1週間の成都滞在で、トータル50元をチャージし、ほぼ使い切りました。

 

後日、旅行から戻ってから知ったのですが、地下鉄の駅では交通ICカード専用販売機が設置されており、そちらで買えば、後日のデポジット35元返却を受けられるようです。