ヒデヨのジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

ラタトゥイユ モードでつくるおかずはすべてラタトィユ

ホットクックの自動調理メニューは、加熱のし過ぎで美味しくできないことが多く、これまでは避けがちでした。ただ使いこなしのコツがようやく少しずつ見えてきて、最近の当ブログ投稿にもあるように、自動メニューで作る回数が徐々に増えてきました。

 

自動メニューの中に、夏野菜の炒め煮ラタトィユRatatouilleモードがあります。以前チャレンジしたことがあるのですが、その時は味が薄っぺらで物足りなく、全然美味しくありませんでした。

 

今回は、鶏を追加して、なんちゃってテキトーラタトィユを作ってみました。

 

材料: 鶏手羽元400g、玉ねぎ、茄子、セロリ、パプリカ、ズッキーニ、トマト。火の通りやすい野菜を選び、適当に乱切り。

調味料: 刻みニンニク大さじ1、オリーブオイル、全重量の0.7%の塩。

メニュー: 自動2-18ラタトィユモード40分。

f:id:jomtien:20190203075739j:plain

 

美味しく出来ました。

味の物足りなさは、セロリ、ニンニクおよび脂身を含む肉の3点セットで、カバーできました。特に、トマト系料理の物足りなさにはセロリが有効だと、今回改めて感じました。

 

肉が入るので、料理としてはラタトィユとは呼べず、肉野菜の塩炒め煮となります。とは言え、家で食べる献立てだし、ラタトィユモードでつくるおかずはすべて、自分的にはラタトィユです(笑)。

f:id:jomtien:20190203075806j:plain