ヒデヨのジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

家じゅうの電球のIKEA化が進行中

ジョムティエン暮らしでは、家じゅうの照明用電球がしょっちゅう切れます。

日本では電球なんて5年10年持って当たり前ですが、当地では半年で切れるのは珍しくありません。

欧州や日本の有名メーカー製の電球であっても、切れまくります。

 

電球の製造品質そのものが低く、一部のホームセンターではレジ脇に検査ソケットがあり、お客が電球を買ったらそれを挿して点灯させ、新品故障が無いことを確認してからレジを打ちます。

 

電圧そのものが220Vで日本よりずっと高く、かつ送電が不安定で電圧が乱高下することがあり、電球に負担がかかりやすくなっています。特に10月の雨季終盤で停電が頻発する時期に、電球もよく切れます。

 

 

電球には白熱灯・蛍光球・LED灯の3種類があります。それぞれで様々なメーカー品を試しました。そして最終的に落ち着いたのが、こちらになります。

 

IKEAプライベートブランド RYET LED E27  400ルーメン 5ワット 40バーツ(130円)

f:id:jomtien:20181103195044j:plain

 

パッケージには、寿命15,000時間と表記されています。事実上、寿命は気にしなくてオッケー。

LED灯だから特別に電圧変動に弱い、ということはなさそうです。

 

何といっても、安価。技術の進歩で、LED灯はほんとうにお安くなりました。

ホームセンターで普通に蛍光球を買っても120バーツとかするので、激安です。

これなら、少々新品不良品にぶち当たろうが、もし電圧変動に耐えきれず半年で切れようが、しゃーないなあーで済みます。

 

なのでイケアバンコク店で10個単位でまとめ買いして、順次家じゅうの電灯をIKEA化していく予定です。