ヒデヨのジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

プリンターのインクカートリッジ交換で、半年ごとに5,000円の出費ははかなわんなー

昨年6月に、プリンターを買い替えました。キヤノンPIXIMA MG-3100。

使う頻度は月に数枚程度と、超ライトユーザーです。

 

ただ、問題があります。それは、ごく少ない枚数しか印刷していないので、白黒/カラーともに、すぐにインクが消耗して、印字が薄くなってしまうことです。メンテナンスメニューでディープクリーニングしても、症状改善しません。

 

今年初めには一度、印字が薄くなって仕方なく、インクカートリッジを買い替えました。ところが今月に入り、また印字が薄くなってしまいました。再度Tukcomの店頭で、カートリッジを買い替えました。

 

カートリッジの値段がむちゃくちゃ高い。740白黒+741カラーのバリューパッケージで1,500バーツ(5,000円)。年2回カートリッジ買ったら、それでもう安いプリンター本体1台買えるやん。もうボッタクリのレベルです。かなわんなー。

goo.gl

 

50枚ほどしか印刷していないのに、半年ほどでインクが消耗しなくなるなんて、なんだかなーーーです。東京在住時にも、自宅でプリンターは愛用していましたが、カートリッジ交換なんて、滅多にしませんでした。一年中気温30度の環境下だと、インク蒸発が進んでしまうんでしょうか。

 

f:id:jomtien:20181020200610j:plain

 

かと言って、当地では一般的な、非推奨の安い外付け液体インクカートリッジは、すぐに印字ヘッドが目詰まりを起こすトラブルで以前悩まされたので、願い下げです。

 

もうプリンターの自宅使用は、止めてしまったほうが良いのかもしれません。コスパ悪すぎ。証券会社や保険会社などの手続きで、必要書類をダウンロートしてプリントアウトし、サイン署名してスキャンし、電子メールで送り返すのが、主な使い方です。

 

実際、毎年プリンターの使用頻度は減っていってます。3年ほど前までは、航空機に搭乗する際は、必ず予約確認メールを紙にプリントアウトして、空港へ持参していました。たしかエアアジアAir Asiaあたりは、紙を持参しないと、チェックインカウンターで搭乗手続き手数料を徴収された気がします。インドの空港では、予約の紙を見せないと、空港の建物に入れてさえもらえませんでした。現在は、スマホの画面を見せれば、すべて事足ります。

 

ジョムティエンSoi5の入国管理局の周囲には、コピー屋さんが数軒あります。

もしプリンター印刷が必要になったら、データをUSBに入れてお店まで出向き、そこで印刷すれば数10パーツの出費で済みます。何より、インク切れ・コピー機故障の心配から、解放されます。

なんだか時代に逆行しているようですが、その方がよさそうです。

 

 

関連投稿: 昨年6月のプリンター本体買い替え時の投稿は、コチラ

goo.gl