ヒデヨのジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

おいしいトウモロコシは仕入れ先が重要

先々月、ホットクックを買って間もない頃、とある八百屋さんでトウモロコシ1本を買い求め、Steam蒸しモードで蒸してみました。

結果は、甘みも旨みもなく、歯ごたえプリプリ感もなく、ぜんぜん美味しくない。

ホットクックはトウモロコシ蒸しには向いていないのかなと思い、諦めました。

 

昨日ローカル市場で出掛けたところ、茹でトウモロコシの屋台がでていました。常設ではなく、たまに不定期に登場します。ふと屋台の傍らを見ると、地面に置いたポリバケツの中に、茹でる前のトウモロコシがごっそりと突っこんであります。なんとなく、新鮮で美味しそう。

 

ちょうと自分で野菜スープを作ろうかと思っていたので、具材の足しにしようと思い、買い求めました。1本15バーツ(50円)。蒸す前の生そのままだけといいの?的な顔をされましたが、売ってくれました。

 

持ち帰って、生の状態で粒を剥がそうと思ったのですが、ちょっと大変そう。そこで蒸してみることにしました。内鍋に100㏄の水を入れ、トウモロコシを置き、手動Steam蒸し10分。

 

甘みたっぷりでプリプリ食感の、美味しい蒸しトウモロコシになりました。前回とはぜんぜん違います。何なんだこの差は。(苦笑)

そのまま勢いでムシャムシャと、2/3本を一気食いしてしまいました。辛うじて1/3本分をスープ用に確保。

f:id:jomtien:20181020190704j:plain

 

たまたまなのかもしれませんが、専門店屋台ならではの厳選された素材だったからなのかもしれません。仕入れ先は重要。次回、屋台が出ているのに遭遇したら、また生トウモロコシをゲットしたいと思います。