ヒデヨのジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

意外にもシズラーの場で、青いバタフライティーの不戦敗を喫しました

3か月前、青いバタフライティーはどこで飲める、と投稿しました。

タイ語でアンチャン อัญชัน こと、蝶豆 Butterfly Pea の青い花を茶葉にした、目にも鮮やかなブルーの飲み物です。

goo.gl

 

バンコクのシーロム地区にあるステーキ&サラダバーのシズラーSizzler で、友人とお昼を食べる機会がありました。

メニューのドリンクのページを見ると、新登場でブルースカイレモネードBlue Sky Lemonade なるものが掲載されています。69バーツ。グラスの傍らには、なにから青い花が添えられています。

 

もしやと思いウェイトレスさんに、これはアンチャンですかと尋ねたところ、ハイとの返事。驚きをもって、さっそく注文しました。

いやー、まさか大手チェーンの飲食店で、バタフライティーに逢えるとは。感激です。

噂では、茄子の絞り汁みたいなものだとも聞いています。口に含んだら、結構エグい味がするのかな。妄想が膨らみます。

f:id:jomtien:20180912010129j:plain

 

しばらくすると、運ばれてきました。

小さなジョッキ型の器で、濃い青色の液体です。底にはタピオカの粒つぶが沈められていて、涼しげでお洒落なプレゼンテーション。

f:id:jomtien:20180912010154j:plain

 

最初のひと口を飲んでみると。。。

 

ん? あれ!?

 

味も匂いも何もない、ただの氷水です

 

いちおう、別添えでシロップが添えられていますが、飲み物本体そのものは、何の味も匂いもしません。レモネードと銘打っていますが、レモンの酸味もまったくありません。

 

どーいうこと? 美味しいも不味いもありません。まったくの肩透かしです。

氷水に、食紅ならぬ食藍の粉を混ぜれば、おそらくコレになるでしょう。

 

 

タイの地方暮らしも数年になると、たいていの事柄には動じなくなります。

大雨で自宅が一週間停電になろうが、郵便受けに届いた手紙の消印が2年前であろうが、台所にサソリが出ようが、驚きはするものの、まぁそんなもんだよねー、となります。

 

しかし、シズラーさんによる、この完璧なまでの肩透かしには、言葉を失いました。

ひどい味でひどい目に遭ったのなら、悪態をつけば気が済みます。でも無味無臭の氷水に、悪態はつけません。

 

別にシズラーさんに文句をつけたい訳ではありません。

賑やかなシーロム通りを見下ろす瀟洒な窓際の席で、テーブルに置かれた青いバタフライティーは、実にインスタ映えします。それだけで69バーツの価値はあるのでしょう。

私は、ファミレスのドリンクに、勝手に過大な期待を抱いていた、面倒くさい客に過ぎません。

 

そう頭では理解しています。

 

でも一体、私は自分の気持ちに、どう折り合いをつけたらよいのでしょうか。

これが、私のバタフライティーデビューと言えるのでしょうか。まさかの不戦敗です。

私のバタフライティー探索の旅は、ここで終了なのでしょうか。

 

f:id:jomtien:20180912010250j:plain

 

 

 

気を落ち着けて、ノースパタヤの茶葉店へ足を運び、バタフライティーを買い求めるのが良さそうです。