ヒデヨのジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

地元限定フェイスブックグループ Item for sale Pattaya は、猫をはじめあらゆるアイテムを売りだしてます

ウチへの猫2匹の引き取りについて、仲介役となったのは、フェイスブック上の交流グループ items for sale-Pattaya でした。

 

パタヤ地域の住人を対象とした売買情報のグループで、会員数約17,000名です。

車、オートバイ、本、家電、不動産、楽器、パソコン、家具など、特定のカテゴリーに偏らず、多岐にわたる品々が、日々登録されています。もちろん、ネコも。(笑)

 

グループ管理者へ入会希望を送信すると、数日後に許可されて、その後に閲覧や投稿が可能になります。投稿者は自分の売りたし投稿の中で、自身の携帯番号を書き込むことになるため、このグループへの入会は許可制となっています。

goo.gl

 

このグループの既メンバーである私の友人Aさんが、たまたま新着情報を見ていたところ、2匹の茶毛の猫が出品されているのに気づきました。

私のところで昨年、飼っていた茶毛の猫が老衰で亡くなったのを知っていたAさんは、翌朝私の家に来て、ネットで茶毛の猫が引き取り手を探しているよと、iPadで画像を見せながら教えてくれました。グラッと心が揺れてしまいました。(笑)

f:id:jomtien:20180907002325j:plain

飼い主は、英国人Bさんご夫婦。さっそく携帯へ電話をし、会いに行くことになりました。近日ひっこしの予定があり、それで猫の新しい飼い主を探していたとのことでした。

私と同じジョムティエン地区在住で、車で10分弱の距離でした。そして2匹をウチに連れ帰りました。

 

猫の存在を知ってから、引き取り完了まで、わずか3時間でした。ネット時代は、人から人への緩いつながりで、物事がサクッと速く進みます。

 

 

猫の引き取りを機に、私もグループの会員に加わってみました。なかなかいい感じです。

自分とは普段縁のなさそうな品々が載っていて、眺めていて意外性が感じられます。骨董品の壺とかまで、出品されています。(笑)

 

ネット上の売買斡旋サイトは多数ありますが、これの場合はフェイスブックの中にあるので、わざわざ特別に斡旋サイトを見に行く必要がなく、ラクです。

また、実名顔出しの人であれば、まず安全面も問題ないと考えてよいでしょう。地域限定なら、なおさらです。

 

地元会員17,000人とその家族友人まで含めれば、このグループでの情報発信で、パタヤのかなりの人々にリーチできそうです。素晴らしい。

f:id:jomtien:20180907002141j:plain