ヒデヨのジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

マンゴーを切る際、皮つきのままにするか、最初に皮を剥いてしまうか

朝食で、ときどきマンゴーを食べます。好物です。

3枚におろして、中央の楕円形の種を取り除き、実は縦横に切れ目を入れ、さらに皮と実の間に包丁を入れます。オーソドックスな切り方です。

f:id:jomtien:20180713194623j:plain

 

見た目が良くて食べやすいのですが、切るのにかなりの意志力を必要とします。

 

・当たり前ですが、包丁は平らで種は丸みを帯びているので、種と一緒に果肉を多く切り落としてしまわないよう、注意が必要。

・実に縦横に切れ目を入れる際、皮まで切らないよう様、寸前で止めないといけない。

・皮と実の間に包丁を入れる際、指で皮の両端を押し広げつつ、実を崩さないように切らないといけない。

 

 

ローカル市場では、ココナッツミルクで煮たモチ米にマンゴーの切り身を添えたデザート ข้าวเหนียวมะม่วง カオ二ャオマムアンを売っています。

お店の人はマンゴーを切るのに、当然ながら

・スピード

・果肉の無駄を最小限に

・見た目を美しく

を重視します。

 

まな板は使わず、いきなり3枚おろしにせず、実を手に持って、最初に皮を果物ナイフですべて切り落とします。次いで、ナイフで実をそぎ落としていきます。この方法なら、種の周りの果肉が残らず、種だけを取り除けます。

実を持つ手がベタベタになりますが、半透明ビニール手袋をして対処します。

f:id:jomtien:20180713194908j:plain

 

ちょっと見習って、自宅でこの方法を真似てみました。

 

皮を剥き

f:id:jomtien:20180713194944j:plain

 

周りに果肉がほとんど付かない状態で、種を分離できました。

f:id:jomtien:20180713195018j:plain

 

最終の盛り付け見た目は、あんまし美しくない。。。

f:id:jomtien:20180713195130j:plain

 

大きな万能包丁ではなく、小さな果物ナイフを使った方が良かったかな。

ここは習熟の問題と思われるので、あと数回試してみます。

手がベタベタになるのは、すぐに蛇口で手を洗うので、いいことにします。

 

好物のマンゴーをもっと気軽に食べられるよう、試行錯誤してきます。