ヒデヨのジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

スリープ状態のノートPCは、本体を閉じたままでも、外部モニターだけで再開して使える

パソコン環境は、以下の機材を使用しています。

 

・パナソニック製レッツノート RZ 5

・エイサー製タッチパネル機能付き23インチ外付けモニター

・HHKB製外付けキーボード

・ロジクール製ワイヤレスマウス



レッツノートの液晶パネルを閉じスリープモードにしていて、外付けモニターが消えている状態の時、作業再開する意図はなかったのですが、たまたま肘がマウスに触れてしまいました。

 

すると、スリープモードでゆっくり点滅していたレッツノートの電源ランプが、点灯に変わりました。そして外付けモニターが動き出し、いつもの待ち受け画面表示になりました!

 

外付けキーボードのEscキーを押すと、パスワードを求める画面に切り替わりました。パスワードを入力すると、いつものデスクトップ画面が表示され、パソコンが使える状態になりました。レッツノートの液晶は閉じたままです。それでも、外付けのモニターとキーボードとマウスで、普通に操作できます。

f:id:jomtien:20180503115832j:plain



知らなかった。今の今まで知らなかった。

外付け機材が繋いであれば、ノートPC本体は閉じていても、使えるものなのですね〜。ノート PC に外付け機材を繋いで使いこなしているいる人には、常識なのかもしれませんが、私には斬新でした。

 

なお、待ち受け画面が出たまま何も触らないで、そのまま放置しておくと、2分間ほどでまたすぐに、スリープ状態に戻ります。これはAC アダプターを繋いでいないノート PC がスリープ状態に入るのと、同じくらいの短さのようです。