ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

ジョムティエンビーチのお勧めレストラン2018年版

2014年および2016年に次ぐ第3版として、「ジョムティエンのおすすめレストラン2018」をお届けします。当地在住の私が、日本から遊びに来てくれたお友達を連れて行くなら、という目線で選びました。

 

ここで言う良いレストランの条件とは、以下の様になります。

・訪問の都度で、味やサービスの当たり外れが少ない。

・メニューに載っている品は、だいたい何を頼んでもおいしい。
・タイ人/日本人/西洋人共に満足出来る、味付けやメニューの豊富さ。
・コストパフォーマンス。お値段以上の価値がある。

・南国ビーチらしさが感じられる。

 

 

では、お勧め 計7店のご紹介です:

 

 

【1】Cabbages and Condoms キャベジズアンドコンドムズ 

種別: タイ料理シーフード

住所: Pratumnak Soi4   366/11番地

営業時間: 08:00 – 15:00,  18:00 – 23:00

電話番号:  038-250556

予約: 夜は推奨。朝・昼は不要。

路線ソンテウでのアクセス: 不可。タクシーをご利用ください。

Birds and Bees Resort, Cabbages and Condoms Restaurant, Pattaya Thailand

 

f:id:jomtien:20180110192259j:plain

2014年・2016年版に続き、今回も筆頭に来ます。不動のナンバーワンレストランです。

ここの素晴らしい所は、あらゆる客層に対応している点です。友人同士、カップル、幼児連れファミリー、高齢客、団体客、フォーマル、カジュアル、ベジタリアンなんでも可。

海に落ちる夕日の名所。正確には、海を隔てたラン島の上に夕日が沈んでいきます。

 

開店18:00の前に到着し、入口手前の孔雀やウサギの小屋を見たり、ジャングル庭園を散策するのがお勧め。ゲートからレストラン入り口までは、迷路のような深い緑の中をずっと歩いて行きます。初めての方は1人ではたどり着けないので、お店の人に案内してもらってください。

レストラン入り口には、目を引く展示がずらりと並んでいるので、写真撮りまくりです(笑)。ユニークな店名の由来には、深いストーリーがあります。ぜひ来店して、お確かめください。

 

一番高い所にある見晴台Tree Topには、2テーブルのみ有ります。3日前までに電話を入れて、このテーブルを予約するのがお勧め。なお、このレストランは、当日の予約は受け付けておりません。

西洋人/地元タイ人共に人気。全席テラス席で小さなお子様連れにもお勧め。少々走り回っても、気になる感じにはなりません。タイ料理は辛さの手加減がありません。頼む際には、唐辛子控えめで注文しましょう。マイサイブリックカッと頼めば、完全に唐辛子抜きにしてもらえます。

 

付属のプライベートビーチでは、祝祭日にはコーンファイ(空飛ぶ灯篭)をレジで買って、揚げられます。食後のアトラクションとして、子供たちに大人気です。高級でありカジュアルでもあるジャングル風テーマパークレストランで、スペシャル感満載の名店です。

バンコク市内のアソーク地区もお店があり、そちらでも料理自体は同じものが食べられます。しかしこちらの本店は、眺めもスケールもはるかに違います。

 

もしタクシーで、運転手さんが場所を知らなかったら、「Asia Hotelの向かい」と言えば判って貰えます。帰りは、Asia Hotel前で客待ちタクシーがいるので、それを利用できます。朝食や昼食時は予約不要。雰囲気が異なって,、そちらも良いです。

 

 

 

【2】 Au Bon Coin オボンクワン

種別: フランス料理

住所: Pratumnak Soi6のSoi9  352/104番地

営業時間:  18:00 – 22:00    火曜水曜休

電話番号:     038-364542

予約:   必須

路線ソンテウでのアクセス: 不可。自家用車をご利用ください。

www.auboncoinpattaya.com

 

f:id:jomtien:20180110192633j:plain

 

ジョムティエンで1番おいしい西洋料理のレストランはどこかと聞かれたなら、私はここを挙げます。タイの古民家風の建物で、本格フレンチを楽しめます。お洒落な女友達やクルメな友人をお連れするなら、ここで決まりです。ジョムティエンには、ここよりも価格帯の高いレストランは何軒かありますが、コスパと仏料理としての正統ぶりを考えると、ここが1番でしょう。

 

隠れ家レストランで、看板が出ていません。初めての方は、たぶん見つけられません(笑)。行き方は、こちらの投稿をご覧ください。

jomtien.hatenablog.com

オーナーは、マスコミやネットへの露出を嫌っています。お店の名刺さえ作っていません。口コミのみで繁盛しています。ここでは、料理の写真をバシャバシャ撮ったり、SNSに載せるのは、マナー違反です。

雨期のオフシズン平日でも、ほぼ満席。予約は必須です。女性は、お洒落をして出掛けましょう。英語より仏語を話す方が、ここでは雰囲気に馴染めます。

 

 

 

 

【3】 Chok Dee チョッディー

 種別: タイ料理

住所: Sukhunvit Road   

営業時間:  17:30~23:00

電話番号:  098-5404265

予約: 不要

路線ソンテウでのアクセス:  不可。自家用車をご利用ください。

 

www.tripadvisor.com

 

f:id:jomtien:20180110194744j:plain

 

このリスト初登場。ジョムティエンで1番おいしいタイ料理店はどこかと聞かれたなら、私はここを挙げます。2017年、私が最も足を運んだお店は、おそらくここです。

すべてに気が利いています。落ち着いたシックなインテリアの店内で、新鮮な食材をふんだんに使い、彩りよく盛り付けられた料理がいただけます。店員さん達は丁寧な物腰で、とても感じが良いです。ビーチらしさはあまりない一方、食通のお友達、おしゃれなお友達、タイ料理は初めてなので清潔な所で食べたい、冷房は必須、といった場合に特にお勧めです。

ジョムティエン在住の友人同士ででも、どこか飯食いに行こうかという話になると、まず名前が挙がるのが、この店になります。タイ人・西洋人の双方から高い評価を受ける、稀なタイ料理店です。私が最も気に入ってるのは、ライス、つまりただ皿に盛られた白米が美味しい点です。基本の基本ができています。

お店での食事だけでなく、自宅で15名以上の大きなパーティーを開く際には、ここからケイタリング宅配サービスを頼むのも、オススメです。

場所は郊外のスクンビット通り沿いです。すぐ隣にフォード自動車ディーラーの高さ15メーター位の看板があるので、そこを目印に行くと良いです。車は、店の前の路肩に停められます。屋外テラス席はありますが、車の騒音が大きいので、屋内の冷房席がお勧めです。

 

 

 

【4】 Sandbar by the Sea サンドバー

種別: 西洋料理・タイ料理

住所: Dongtan Beach

営業時間:  8:00 - 22:00

電話番号:  081 583 7269

予約: 不要

路線ソンテウでのアクセス:  可。 ジョムティエン交番で下車し、徒歩200メートル。

https://goo.gl/qW8ZF8

f:id:jomtien:20180112153324j:plain

2016年のオープン以来、贔屓にしています。店名の通り、南国ビーチ気分を満喫できるレストランです。オーナーはデュシタニ出身の方で、西洋料理・タイ料理ともにレベルが高く、グルメなお友達にも満足してもらえます。雰囲気は開放的で寛いでいますが、お料理は華やかで特別感があります。

 

2017年後半は、お店の前の道路が半年間ずっと工事中で、事実上ちゃんと食事ができない状況でした。心配していましたが12月には工事が終了し、無事元の賑わいを取り戻しています。毎週水曜土曜はバンド演奏が入り、にぎやかになります。静かな雰囲気がお好みの場合は、それ以外の曜日でどうぞ。

 

朝食ビュフェはありますがちょっと微妙なので、ランチおよびディナーでの利用がお勧めです。昼夜通し営業で、中途半端な時間帯でもきちんとした食事ができて、便利です。

 

 

 

【5】 Buondi ボンディ

種別: イタリア料理

住所: Thappraya Road Soi8 391/721番地

営業時間:  11:00~22:00

電話番号:  038-364136

予約: 不要

路線ソンテウでのアクセス:  可。

 

Buondi Italia Da Noong Ristorantino - Pattaya、Chonburi

f:id:jomtien:20180110201626j:plain

本当にカジュアルなイタリアン大衆食堂。早い安い旨い&本格派。
ジョムティエンにロングステイする魅力は何ですかと聞かれたら、ボンディのようなお店に気軽に行けること、と私は答えます。

 

自宅で食事を作るのが面倒な気分の時に、ここに行きます。この店で日本人客を他に見た事はありませんが、メニューは伊英露泰に加え、日本語でも書かれています。

この店では、パスタよりも煮込み料理の注文がお勧めです。どのメイン料理も、お値段は100バーツ台で格安です。

ご主人の出身地の郷土料理であるキノコとポークのシチュー Spezzatino Alla Boscaiolaが、私のお気に入りです。これにミックス野菜サラダを頼めば、もうお腹いっぱい。カロリーが気になる方は、ポークシチューの代わりにチキンフィレステーキPetto Di Pollo を頼み、付け合わせをマッシュポテトPure Di Patateに替えてもらうと良いでしょう。

 

ジョムティエンは小さな町ですが、多数のイタリア料理店が競合しています。しかし、ここをしのぐコスパ優良店は、他にありません。パンを頼むと、ダイソーでで3個100円で売ってそうな、小さな安いプラスチックカゴに盛られてきます。そんな大衆食堂ではありますが、テーブル上の調味料類を見ると、ここが本格イタリアンの店であることが伺えます。イタリア人の友人をここに連れてくると、とても喜ばれます。どの料理にも、卓上にあるオリーブオイルをたーっぷりとかけて、いただきましょう。

玉にキズなのは、車の騒音です。店の前の幹線道路タプラヤロードThappraya Roadは近年、大型観光バスやトラックの通行量が激増し、かなりやかましくなっています。 対策は難しいのでしょうが、もう少し何とかなればと思います。

 <

 

 

【6】 Surf Kitchen サーフキッチン

種別: タイ料理・西洋料理

住所: Jomtein Beach Road Soi5

営業時間:  9:00 - 24:00

電話番号:  038-231710

予約: 不要

路線ソンテウでのアクセス:  可。

web.facebook.com

f:id:jomtien:20180204164147j:plain

空港やバンコクからジョムティエンに到着し、お友達が少々お疲れモード気味の際に、案内するのがここです。私自身は、家で食事を作るのが面倒な気分の時に来ます。当地滞在の欧州人家族連れやカップルの観光客が、中心のお店です。

 

カジュアルで開放的なオンザビーチのお店なので、入国審査待ちや渋滞でぐったりなお友達も、さっそく南国ビーチ気分を味わって、気分転換してもらえます。

西洋料理もタイ料理も、そこそこにおいしい。この適度なそこそこ感が心地良いのです。人気店でいつも混んでいますが、回転が早くすぐに座れます。店員さんたちは、インターコムで指示を受けながら、テキパキと動いています。

 

ジョムティエン地区のレストランでアイスクリームを頼むと、植物油を使ったラクトアイスが出てくることが多いです。その点、この店ではちゃんとしたジェラートが食べられます。他店で食事をした後、ここに来てジェラートだけ食べるのもアリです。

営業時間が長く、夜10時を過ぎてからでも、ちゃんとしたお食事ができるのは、ジョムティエンではここだけになります。貴重な存在です。
なお、この店は日本の小僧寿司のフランチャイズでもありますが、寿司は非推奨です。

 

 

 

【7】 All Senses Cafe and Eatery  オールセンスズ   ←2018.2.13 追加

種別: タイ料理・西洋料理

住所: Sukhumvit Road 140/94番地

営業時間:  10:00 - 21:00

電話番号:   081-5414666

予約:  不要

路線ソンテウでのアクセス:  不可。自家用車をご利用ください

goo.gl

f:id:jomtien:20180213163123j:plain

ジョムティエンで最も居心地の良いカフェはどこと聞かれたなら、私はここを挙げます。ゆったりとした敷地、豊かな緑、高い天井、厳選された調度品の数々、混んでいない店内。すっきりとしていて、すべてに余裕が感じられます。つい、長居したくなります。

軽食ではなく、本格料理をしっかり愉しめます。洗練された雰囲気ですが、お客は西洋人ではなく、タイ人富裕層が中心というユニークなお店です。西洋料理には、タイ風のアレンジが加えられ、気の利いたフュージョン料理となっています。その加減が絶妙です。米食の日本人には、なじみやすいでしょう。ランチを中心に、ブランチや早めの夕食といった多彩な利用が可能です。

 

 

 

以上になります。

ジョムティエンでの食事を楽しむ際の、参考にしていただければ幸いです。

 

 

あと特別にもう一店、記載させてください。

 

 【番外編】 ร้านป้าม่อมラーンバーモームPhamom Shop

種別: 和食家庭料理

住所: Pattaya 3rd Road Soi Land Officeの奥  

営業時間:  よろず屋としては7:30 - 23:00  土曜休

電話番号:  038-426221

予約:   前日までに必須。ただし、現在は新規予約受付を停止中。

路線ソンテウでのアクセス:  可。 タプラヤロードSoi5から徒歩7分。

jomtien.hatenablog.com

f:id:jomtien:20180110211633j:plain

2017年3月から、月1ペース位でこのお店に足を運ぶようになりました。味・値段・ユニークさ・居心地の良さ、全てにおいてぶっちぎりです。このリストに1度も入ることなく、最初からいわば殿堂入りです。

 

この店には、3つの顔があります。

1 .よろず屋。タイ東北部イサーン地方出身のファミリーが営む、小さな雑貨屋さんです。古き佳きタイの風情に溢れる店構えで、食料品・日用品・酒・タバコ・薬・ガソリンなど、何でも地元の人向けに売っています。

 

2 .英国パブ。近隣在住の英語系住民のおっちゃんたちが、自宅リビングの延長のような感覚で、気軽に集まってきます。軒先で昼となく夜となく、ひたすらずーっとビールを飲み、おしゃべりをしています。ビール大瓶1本65 バーツと、格安。

 

3 .和食処。 日本人のお客には、この店の日本人若女将のエミさんが、手作りの和食を提供してくれます。メニューはなく、300バーツもしくは400バーツのセット料金で、完全予約制でのおまかせコースのみになります。すべての品に、気の利いたひと工夫がされています。これまでタイで食べたすべての和食の中で、ここが1番だと断言できます。

 

ただこれ以上お店が多忙になると、サービス品質を維持できなくなるとのことで、現在は和食の新規予約受付を停止しているとのことです。なので、このリスト上では敢えて番外編とさせていただきます。もちろん予約なしでフラリとやってきて、英国系のおっちゃんたちのようにビールを愉しむのは、全く問題ありません。

 

グーグルマップ上は、タイ語表記のみになります

 

 

 

最後に、このリストの利用方法:について

 

1 . 便宜上 【1】から【7】まで番号を振ってありますが、これはランキングの1位から7位という序列ではありません。一緒に行くお友達の好みや気分によって、最適なお店を都度お選びください。

 

2 . 私は普段お酒を飲まないので、ワインやビール、カクテルといったアルコール類についての評価は、考慮に入っておりません。

 

3 .ジョムティエンはビーチリゾートなので、ネット上では様々なグルメ情報やレストランランキングが掲載されています。当リストは、ネット上の一般情報とは、異なります。理由は、ネット上での情報発信者の圧倒的多数が、バンコク都民の方々だからです。アジア有数の国際都市であるバンコク在住の方々が、ジョムティエンのビーチにまで来て仏料理や伊料理を食べたがる事は、あまり無いでしょう。

 

4 .それでも、ジョムティエンでの西洋料理の食事はおすすめです。バンコクの都心以上に外国人比率が高く、かつタイ人富裕顧客層が薄いので、ローカル化されていない本国仕様の味と雰囲気が楽しめます。

 

 

バンコクから150km離れた小さな海辺の町ジョムティエンは、とても個性的な場所です。レストランも然りです。このお勧め一覧を通じで、多くの皆様にこの町の良さを知っていただければと思います。

 

 

関連記事:

おすすめの朝食レストラン

jomtien.hatenablog.com

 

前回2016年のおすすめレストラン一覧

jomtien.hatenablog.com

 

前々回2014年のお勧めレストラン一覧

jomtien.hatenablog.com