ヒデヨのジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

伊食堂Ossobuco開店

ジョムテェインとパタヤを結ぶ幹線道路タプラヤロードSoi5の奥に、新たにイタリアン食堂Ossobuco オッソブーコがオープンしました。

 

店名: Trattoria Ossobuco Cuccina Italiana  トラットリア オッソブーコ  

料理: タイ&イタリアン

住所: Thappraya Road Soi5奥の枝道。

  Pattaya 3rd Road からは、 Soi Land Office土地登記所通り の Soi6  153/26番地

電話: 094 5608919

 

f:id:jomtien:20171123084201j:plain

Thappraya Road 及びPattaya 3rd Road の双方から、アクセス可能です。

ちょっと見えにくいのですが、お店の庇が、向かって右側半分がタイ国旗・左半分がイタリアの緑白赤になっているのが、目印です。

 

幹線道路からは離れた、のどかな住宅街の中です。

f:id:jomtien:20171123084409j:plain

 

お店の名刺

f:id:jomtien:20171204070705j:plain

 

場所は、曲がりくねった路地の先。完全に地元密着型のお店です。

f:id:jomtien:20171204070747j:plain

 

以前ご紹介した隠れ家和食処ラーンバーモームの、3軒お隣です。

というか、このイタリアンの情報は、 ラーンバーモームの若女将エミさんから教えていただきました。

jomtien.hatenablog.com

ラーンバーモームの地図はコチラ

 

 

まだ開店したばかりということで、さっそくオッソブーコに行ってきました。お店入口のテラス席には、イタリア人のお客さん達がいて、イタリア語が飛び交っています。

メニューは前半がイ料理、後半がイタリア料理になっていて、イタリアン一色ではありません。メニューの種類は豊富です。ピザ・スパゲッティ・ラビオリ・ニョッキなど特にパスタ類が豊富です。

f:id:jomtien:20171123084809j:plain

 

今回は、スープ入りラビオリ149バーツ(450円)をオーダー。モチモチのラビオリの中に熱々のスープが入っており、滋味あふれるお味でした。美味しい。近日また訪れて、今度は店名にもなっているオッソブーコ(牛骨付き肉の煮込み)と野菜サラダを注文してみたいと思います。

 

こんな小じんまりとして居心地の良いイタリアン食堂が、 ジョムティエンの中心部にあったらなぁと思います。

 

オッソブーコの値段設定は、かなりお手頃です。ただ、 3軒お隣のラーンバーモームの圧倒的なコスパの良さを体験した後だと、普通に感じてしまいます(苦笑) 。

また、私がいつも贔屓にしているタプラヤロード沿いのイタリアン大衆食堂Buondi ボンディも、メニュー数こそ少ないものの、コスパではオッソブーコを凌駕します。

goo.gl

 

 ボンディの看板メニューのポークシチューを、オッソブーコの牛煮込みが上回るのか、期待大です。

 

と、ここまで書いてきて、我ながら随分と贅沢な物言いをしているなと感じます(笑)。

ジョムティエンは小さな町ですが、イタリアン激戦区で、高級店から大衆食堂までがひしめき合っています。頂点に立つ 5つ星ホテルRoyal CliffのイタリアンRossiniから、大衆食堂のボンディまでが、しのぎを削っています。オッソブーコは、その中でかなり良い位置につけてくると思われます。

f:id:jomtien:20171123085940j:plain