ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

新iOS11操作性

iPad Air 2を使っています。
先月iOS 11.03にアップデートました。スクリーンショットの使い勝手が良くなった、などといった改善点はいくつもあるのですが、その一方で、不便になった点が2つあります。


1 .キーボードの言語切り替えがうまくできない。誤ってすぐにキーボード設定画面にジャンプしてしまう。

私は普段、キーボードを日本語・英語・タイ語・仏語の4つを切り替えながら使っています。英語から日本語へ切り替える際には、キーボード選択肢を表示させ、指を1つ上に指を滑らせて、日本語を選びます。

f:id:jomtien:20171023003128p:image

 

この際に、少しでも指を上に滑らせすぎると、キーボード設定画面にジャンプしてしまいます。これはとても不便。いちいち設定画面を閉じて、元の文章作成画面へ戻らないといけません。以前のiOS 10では、こうした問題はありませんでした。

f:id:jomtien:20171023002621p:image

 

f:id:jomtien:20171023002640p:image

 


2 .文字列の選択操作が、もっさりする。
文字列のコピーや読み上げをしたく、文字列の選択操作をすると、もっさりとして誤動作し、直感的に滑らかに操作できない。3年前のモデルのiPadでは、もはやCPUがいささか力不足のようです。

5行位の文字列であれば、画面上指を滑らせてちゃんと選択できます。東に20行とか30行になると、指を滑らせていっても青色反転が追従してくれません。あるいは一旦選択した範囲が消えたりもします。また、選択の直後に、コピーや読み上げなどのサブメニューが直ちに表示されず、数秒待たされます。

 

f:id:jomtien:20171023002721p:image


今後のiOS 11マイナーアップデートにより、状況がいくらかでも改善されればと願います。