ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

バンサレーBCビュッフェ再訪

7月に訪問して感激したバンサレービーチクラブのギリシャ料理ビュッフェに、また行ってきました。

 

以前の投稿はコチラ。

jomtien.hatenablog.com

 

前回とは少し雰囲気が異なり、また楽しめました。

雨季真っ只中と言うことで、現地到着時にはわずかに小雨が降っていました。それで、軒先のテーブル席で食事をいただくことになりました。前回訪問時はゴクミほどだったお客が、今回は10組ほどありました。ほとんどのテーブルが屋内だったので、かなりの賑わいに見えました。

 

朗報です。
オーナーさんのお話によると、これまでは不定期開催だったのですが、好評を博しているので、隔週のペースで現在は実施されているそうです。ギリシャ料理、イタリア料理、メキシコ料理など、はテーマは毎回変わります。ビュッフェの告知はネットではしておらす、地元FM局でとメルマガ配信のみで行なっているそうです。

f:id:jomtien:20171009192635j:image

 

今回の訪問は、3ヶ月前の初回訪問時とたまたま同じギリシャ料理でした。提供される料理の内容は基本同じだったのですが、変わらず大変満足のいく内容でした。

2回目ということでペース配分を考慮しし、カラマリ (イカフライ)とムサカ (薄切り茄子とチーズの重ね焼き)を、選択と集中の対象にいたしました(笑)。この2つを食べていれば、もうそれだけで幸せです。

 

最後のバクラバ (パイ生地に数種類のナッツを挟み蜂蜜につけたお菓子)は、やはり危険なデザートでした。見た目は、ただの小さな四角い砂糖菓子なのですが、侮れません。あまりの濃密な味に、ノックアウトされてしまいます。ヘビーなこのディナーの最後に、しっかりダメ押ししてくれました。

 

料金は、一人当たり430バーツ(1300円)でした。
内訳: ビュッフェ300バーツ +ソーダ水50バーツ +コーヒー85バーツ(250円)
相変わらずコストパフォーマンス高いです。


ビュッフェ開始20分ほどで、雨は止んでくれました。珍しく気温が25度を大幅に下回り、爽やかな海風が吹いてきました。気分はもうハワイです。ジョムティエンを夕刻出発する際にはお天気の心配をしていたのですが、却って最高のシチュエーションとなってくれました。

 

また訪れる機会があったら、今度はギリシャ以外のテーマの料理の日に、チャレンジしてみたいと思います。


【店舗情報】

店名:The Bangsaray Beach Club

住所: 17/1 Moo 5, Bang Saray Sattahip, Chonburi, Thailand 20250

電話番号:063 3064656

ビュッフェ開始時刻: 18時30分 メールで要予約

メールアドレス: mail@thebangsaraybeachclub.com

ホームページ: https://thebangsaraybeachclub.com/