ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

プラタムナク建設ラッシュ

ジョムティエンとパタヤの中間、プラタムナクの丘の頂きに鎮座する大仏様、ワットプラヤイWat Phra Yai へ、久しぶりに行ってきました。

f:id:jomtien:20170902182422j:plain

 

その道すがら、プラタムナクロードPratumnak Roadの両脇は、びっしりとリゾートマンション工事が進んでいます。

f:id:jomtien:20170902182602j:plain

 

リーマンショックから抜け出した2010年以降、プラタムナクの丘ではもうずっとこうした建設ラッシュが続いています。ブームが息切れしていないことに、驚きを禁じえません。

この丘には、パタヤ地区随一の5つ星ホテル Royal Cliff ロイヤルクリフがあることでもわかるように、もともとは王室ゆかりの地です。建築規制が厳しく、風俗店の営業は認められていません。緑豊かで、起伏があり海の眺めが素晴らしく、住環境良好であることから、パタヤ市街地やジョムティエン以上の不動産開発ラッシュとなっています。

 

今では緑がすっかり減り、少しでも平地があると、そこにペンシルビルが建てられている状態です。プラタムナクロードは片側1車線の曲がりくねった道で、夕方の渋滞が深刻になっています。道の際にまでずらりとマンションが立ち並ぶようになり、将来の道幅の拡幅は無理そうです。

 

10年後20年後、ここが発展を続けて東洋のモンテカルロに近づくのか、はたまたインフラ整備不足により頭打ちになるのか、興味が尽きません。