ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東160km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

アーユルヴェーダと飛蚊症

先日行ったリシケシュのお店チャラクアーユルヴェーダへ、2度目のオイルマッサージを受けてきました。

初回https://ja.m.wikipedia.org/wiki/飛蚊症の際の投稿は、こちら。

jomtien.hatenablog.com

 

実は、初回の施術後に、ある症状が出ました。飛蚊症(ひふんしょう)のような症状です。

www.hibun.info

 初回の施術後にお店を出て歩き出すと、視界の中に幾つもの黒い不規則な形の黒点が見えるようになりました。眼球を動かすと、それに連れて動きます。何じゃこりゃ状態です。今まで、こんな症状を経験したことはありません。

 

施術中にオイルを目の周囲には塗られましたが、が目に入ったということはなく、異物による炎症ではなさそう。炒める派なく、白目の充血もありません。視界の黒い点は、3日ほどで徐々に消えて行きました。

 

2回目のオイルマッサージも、初回と同様に極楽自分でした。

施術後にお茶をいただきながら、黒い点のことをオーナーのラクビーンさんに話したところ、

「アーユルヴェーダで体内に強い変化が起き、それが体の一番弱い部分に現れたのでしょう。あなたは目が弱いのではないですか?」

とのことでした。

あー、なるほどです。確かに私は、かなり目が悪い方です。納得。アーユルヴェーダへの反応だったんですね。

 f:id:jomtien:20170806132550j:image

 

目を集中的に行うアーユルヴェーダがあり、揚げる前のドーナツのようなものを目の回るに乗っける方法だそうです。機会があったら、やってみたいかも。

 

2回目の施術を終えお店を後にすると、視界の黒い点がぶり返してきました。でも、初回ほぢのはっきりした程度ではありません。これも3日ほどで消えて無くなるにでしょう。