ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東160km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

プラグインWiFiお試し

 6月中旬に、携帯電話会社 truemoveのプラグインWi-Fi端末を入手して、使ってみました。

壁のコンセントに挿すだけで、Wi-Fiが使えるようになると言う優れものです。中身としては、4Gポケット wifiと同等になります。

4G Plug WiFi - TrueStore

 

これが、いざ使ってみると

「とんでもなく低品質のボッタクリ」商品でした。一カ月にも満たない僅かな期間で、ほとんどまともに使えなかったのに、3800バーツもむしり取られてしまいました。

f:id:jomtien:20170715002718j:plain

 

とにかく不安定でネットになかなかつながらず、つながったとしてもごく低スピード。動画なぞまったく観られません。その一方で1日3ギガバイト以上のデータを消費とみなされ、  3日ごとに300バーツずつバンバン課金されます。怖すぎ。

 

皆様、お気をつけください。

 

【経緯】

4月まで-: 自宅インターネットは、ケーブル会社のネットサービスを利用。実効速度は常時30Mbpsで安定しており、極めて快適。

 

5月:  団地管理会社の勝手な都合により、ネット供給設備が撤去される。

やむなく、truemoveのポケットwifi導入。実効接続速度は10Mbpsで少々もっさり。動作不安定で1日数回は接続が途切れてしまう。Skyoeには使えない。

プラグインWi-Fiという新商品があるのを知ったが、この時点では在庫無しで、入手を諦めていた。

この頃の状況まとめは、コチラ。

jomtien.hatenablog.com

 

 6月: スクンビット通り沿いのテスコロータス内にあるtruemoveショップで、偶然プラグインWi-Fi端末が売られているのを発見。その場で即、申込み契約をした。

 

【契約内容】

当初、プラグインWi-Fiの標準プランの説明を受ける。

・端末を2,000バーツで購入。

・月額料金890 バーツで容量無制限

 

その後、お得なキャンペーンプランがありますと強く勧められ、そちらで契約をした。

・端末は無料。

・月額使用料は、最初の10ヵ月は月額199バーツ、 その後は299バーツ。

・月の上限容量は8GB。それを超えたら10GB/299バーツを追加購入。

・1年縛りあり。もし解約の場合には、違約金発生。

 

キャンペーンプランは、良さげな印象でした。

それまで使っていたPocketWiFiは、月額950バーツで容量30 GBだったので。

容量を追加購入しても、大した事はないだろうと思えました。

 

 

しかし、いざ使い始めると、予想外の状況となりました。

 

【接続速度】

speedtest.netでの計測で、使用最初の1週間は、実効速度5 Mbps 。 PocketWiFiの半分のスピードで、 web閲覧はさらに動作もっさり。

 

2週目に入ると何故か速度が低下し、 1日に数時間しかネットに繋がらなくなる。繋がっても、せいぜい1 Mbpsから2 Mbps 。たまーに調子の良い時で5 Mbps 。使い物にならない。

PocketWiFiも動作が不安定だったが、接続が切れてから1分くらい待てばだいたい再接続されていた。しかし、プラグインWiFiはずっと途切れたまま。

 

【データ消費】

最初の8 GBは、 10日間で使い切った。いちにちあたり0.8 GB 。

5月のPocketWiFi使用のときには、おおよそ1日1 GBの消費だったので、ほぼ同等。

 

ところがところが。

 

次に10 GBを299バーツで購入すると、なんと三日間で使い切ってしまった!

一日3 GB以上の消費。まともにネットにつながらない状況なのに、これはあり得ない。

明らかに、実際のデータ使用量の10倍以上、過剰カウントされている。

 

最初の10日間を過ぎたら、その後の20日間は、3日ごとに299バーツ払わないといけないなんて、ボッタクリもいいところ。

 

【月額料金】

当初予想; 797バーツ。 基本料金8 GB 199バーツ+追加10 GB 299バーツ×2 。

実際: 3,189バーツ。基本料金8 GB 199バーツ+追加10 GB 299バーツ× 10 。

もうこれは、ほとんど詐欺のレベル。

 f:id:jomtien:20170715002935p:plain

 

【店頭にて】

あまりにも変なので、truemoveのお店窓口へ相談に行った。

しかし店員さんは、「それだけ実際にデータを使ったんでしょ。 」と.にべもない。

使用機材は変わっていないのに、基本の8 GBと追加の10 GBで、データ消費がこんなに違うなんておかしいでしょう、と言っても、取り合ってくれない。

 

結局、店員さんは気の毒に思ってくれ、根本解決にはなっていないものの、無料で7 GBを付与してくれました。

 

ところがところが。

 

30分後に自宅に帰り、スマホアプリでデータ残量を確認したところ、5.2GBに減っていました!

差し引き1.8 GBは何処へいった! ?

 

もう怖くて、使えません。 もらった7 GBを使い切った時点で、使用を諦めました。

 

【解約へ】

翌週、 Truemoveのお店に再度出向き、プラグインWiFiを解約しました。

私がこの製品に不満を持っていることは店員さんは承知済みなので、解約手続きそのものは、淡々と進みました。

私からは、 「この商品は、どうみても商品仕様上のバグがあります。改善必要です」と話しました。

 

違約金3,400バーツを徴収されました。高い勉強代でした。

 

その後、以前と同じく、 PocketWiFi月額950バーツ30 GBのプランを契約しました。

f:id:jomtien:20170715012306j:plain

 

【所感】

4G PocketWiFiの登場は一昨年で、プラグインWiFiは今年の新製品。

にもかかわらず、プラグインWiFiの方が明らかに性能で劣っています。残念です。

 

Truemoveショップ店内で測定しても、実効速度は

・PocketWiFi    18 Mbps

・プラグインWiFi    5 Mbps

でした。1/3にも達しません。

 

発する電波も弱く、 PocketWiFiでは自宅隣室で問題なく使えても、プラグインWiFiだと途切れてしまいます。

 

端末の製造元はHuaweiで、商品設計上の問題は考えにくいでしょう。

truemoveの使用周波数帯域だとうまくいかないとかの、相性の問題があるのかもしれません。

将来のPocketWiFiの5G版の普及が、待たれます。

 

 

ジョムティエンへ引っ越して以来、自宅インターネット回線の整備は、果てることのない修行となっております。有線/無線のルーターだけでも、これまで10個くらいは、買い求めたでしょうか。

今回はかなり痛い目に遭いましたが、これまでも何回か、これと同等かそれ以上のハプニングには遭遇してきました。何とかこれからも、前に進んでいきたいと思います。