ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

タイプ別眼科病院

 眼科医にかかるなら、どこに行くか? タイプ別に4つご紹介いたします。

 

【タイプ1】近所の開業医で、サクッと診てほしい。

そんなアナタには、

「パタヤアイセンター Pattaya Eye Center」。

昨日、ご紹介した医院です。

http://jomtien.hatenablog.com/entry/2017/06/25/113513

 

 

 【タイプ2】 パタヤで1番の病院で診てもらいたい。

そんなアナタには、

「バンコクパタヤ病院眼科  Bangkok Hospital Pattaya Eye Center」

https://m.bangkokpattayahospital.com/en/healthcare-services-en/eye-center-en.html

 

大病院だけあって、眼科といっても、角膜レンズ屈折・網膜・緑内障・レーシックなど、それぞれに専門医がいらっしゃいます。

コスパ的には割高ですが、高級ホテルのような至れり尽くせりのサービスであり、安心をお金で買えます。

日本語通訳が常駐しているのも、安心のポイントです。

 

保険で診療費全てをカバーできる場合に、お勧めです。

全額自己負担であっても、外来通院であれば、費用は日本の診療の3割自己負担分と同じ位程度で、済みます。

 f:id:jomtien:20170625075911j:image

  

 

 

【タイプ3】 首都バンコクで1番の病院で診てもらいたい。

そんなアナタには、

「ラットニン眼科病院 Rutnin Eye Hospital โรงพยาบาลจักษุ รัตนิน 」

 http://www.rutnin.com/new/eng/index.php

 

バンコク最大の、私立眼科専門病院です。

市中心部のペッチャブリ地区にあります。

ジョムティエンからは、

ジョムティエンバスターミナルから空港バスに乗車

→スワナプーム空港からエアポートリンク列車に乗車

 → マッカサンMakkasan駅下車、徒歩10分。

 

 7階建ての病院建物の3階から6階が駐車場になっているので、車を停められます。

ただし病院前の大通りAsok Montri Road は、バンコク市内有数の渋滞の名所なので、お気をつけください。

 f:id:jomtien:20170625081529j:image

  

受付には、常時アラブ系の担当者もおり、外国人患者対応に慣れています。
受付の隣には、弱視に対応した特別なメガネ屋さんがあります。

なお 院内は、私立とは思えない位の激混みぶりなので、診察には長時間待ちの覚悟が必要です。

 

 

 

 

【タイプ4】 タイランドで1番の病院で診てもらいたい。

そんなアナタには、

「メッタプラチャラク病院 Mettapracharak Watraiking Hospital  โรงพยาบาลเมตตาประชารักษ์ 」

 

โรงพยาบาลเมตตาประชารักษ์ (วัดไร่ขิง) กรมการแพทย์ กระทรวงสาธารณสุข

 

バンコクの西の郊外にあります。

高架電車BTSの西の終点Bang Wa駅から40キロありますので、足の確保が必須です。

 f:id:jomtien:20170625082943j:image

 

ここは外国人向けではないので、上級レベルのタイ語の語学力が必須です。もしくは、通訳を自分で手配します。

公立なので、治療はお安めです。

日本の保険会社の海外旅行保険がここで適用できるかは、要確認になります。