ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

Unixxミニマートで神居牛

プラタムナクの丘入口にそびえ立つ高層コンドミニアムUnixx ユニックス。

ここのミニマート売店はオーナーが日本人で、日系の食品が置いてあります。

 一般の食料品や日用品にとどまらず、神居牛という高級和牛肉を取り扱っているユニークな店舗です。

  http://unixxpattaya.com/

 

f:id:jomtien:20170624163731j:image

 

【行き方】

ジョムティエンからパタヤへの幹線道路タプラヤロードThappraya Roadを北上し、パタヤサードロードPattaya 3rg Road との陸橋で左折。道なりに進み、プラダムナクロードPratumnak Road との信号のある交差点が、目印です。

ソンテウ(乗合いトラック)利用の場合は、ここで下車します。料金10 バーツ。

車で行く場合は、ここで左折します。

 f:id:jomtien:20170624163938j:image

 

 プラタムナクロードの坂を50メートルほど進みます。

 f:id:jomtien:20170624164050j:image

 

ユニックスの入り口が見えてきます。

車の場合は、ここで左に入り、駐車場に停めます。。

徒歩の場合は、さらに過ぎて直進します。

 f:id:jomtien:20170624164223j:image

 

漢字で「神居牛」のノボリが立っています。ここがミニマートへの入り口になります。

 f:id:jomtien:20170624164303j:image

 

2階建ての建物で、1階がカフェ・2階がミニマートになります。

カフェの脇の階段を上って、にかいに向かいます。

f:id:jomtien:20170624164350j:image

 

 

【ミニマート】

Tasty Selection Minimart   営業時間 8:00〜23:00

こちらが入口ドア。

 f:id:jomtien:20170624164646j:image

 

商品棚は木製で、高級感があります。

キューピーの和風ドレッシング各種が並んでいます。日本人には嬉しいラインナップ。

 f:id:jomtien:20170624164953j:image

 

食料品店の価格レベルのベンチマークとしては、私はシンハ印の炭酸水を見ることにしています。

ここでは、1本11 バーツ。プレミアムコンドの売店としては、良心的でしょう。

f:id:jomtien:20170624165330j:image 

 

このミニマートでは、独自性を打ち出したいと言うお店の意向が伝わってきます。

アイスクリーム、コーヒー、紅茶といった嗜好品に、特に感じられます。

アイスクリームの冷凍ケースには、ウォールズのマグナムバーやハーゲンダッツが置いてありません。こだわりを感じさせます。

 f:id:jomtien:20170624165608j:image

 

ジャポニカ米を置いてあるのも、珍しいです。 

 f:id:jomtien:20170624175739j:image

 

 

【カフェ】

1階のカフェ

Tree Tables Cafe.    営業時間: 9:00〜20:00

f:id:jomtien:20170624180446j:image

 

気持ちの良い空間です。ミニマートでのお買い物の前後に、ここでくつろぐのも良いでしょう。

f:id:jomtien:20170624180523j:image 

 

 

 

 

【神居牛】

ミニマートの 一番の目玉は、店頭のノボリにもなっている「神居(カムイ)牛」。
キロ当たり2,980バーツ。
こうした特別な高級和牛肉が、ミニマートに置いてあるとは、驚くほかありません。

 

 佐藤さんちの神居牛:

    http://www.fukunaga-brand.co.jp/ichiran/kamuigyu/

 

f:id:jomtien:20170624181856j:image

 

f:id:jomtien:20170624181938j:image

 

f:id:jomtien:20170624182012j:image

 

 

【食事処】

 こんな高級牛肉を買っても、自分でちゃんと美味しく調理できるか自信がない、と言う方に朗報です。

神居牛は、このミニマートから1キロ離れた和食処ラーンバーモームร้านป้าม่อมでいただくことができます。

     http://jomtien.hatenablog.com/entry/2017/03/06/013300

 

日本人の若女将が、ニンニクスライスとともに和風の味付けで、さっと焼いてくれます。

こちらの分量で、一皿1,000 バーツ。 要予約の特別メニューです。

f:id:jomtien:20170624182452j:image

 

極上の旨さです。

パタヤで入手可能なコスパ最高の牛肉は、パタヤセントラルロード沿いのフードランドFoodlandで売っているスカートskirt肉だと、私はこれまで思ってきました。

ついにそれを凌ぐものが登場したかと、感慨深いものがあります。

 

お値段の絶対額は高いのですが、それ以上の価値があります。

パタヤで味わえるコスパ最高の贅沢、と言えるでしょう。

私の場合、ラーンバーモームでこのお肉をたまたまいただいて旨さに感動し、これを売っているのがUnixx内のミニマートだと知った次第でした。