ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

楊枝でシャワー修理

最近、バスルームのシャワーのお湯が出ず、水のままになることが頻発しました。

たまたま別件で水道屋さんに来ていただく機会があったので、ついでにシャワーの具合も見てもらいました。

 

当初は、てっきりシャワーへの電気温水器が故障したのだと思い込んでいました。

しかし、水道屋さんが洗面台の蛇口をひねると、そちらはちゃんとお湯が出ます。

 

思わず「エッ! ? 」と驚いてしまいました。

普段、洗面台でお湯を使う事はないので、そちらの確認は思いつきませんでした。(苦笑)

 

それにしても、変です。

同じ電気給湯器に接続されていて、洗面台はお湯が出て、シャワーの方は水しか出ない。

 

水道屋さんは数秒間考え込んだ後、私に「ไม้จิ้มฟันマイジンファン(楊枝)を持ってきてください」と言ってきました。

楊枝?

 

訳がわからず、とにかく楊枝を1本持ってきて手渡しました。

すると、水道屋さんは楊枝をプスウスとシャワーヘッドの穴に、次々と刺していきました。

f:id:jomtien:20170621231923j:plain

 

すべての穴に楊枝を差し終え、シャワーのレバーをひねると、 、 、

ちゃんと熱いお湯が出てきました!

 

理由を説明してくれました。

シャワーヘッドの穴が汚れて詰まり気味になり、噴出量が少なくなっていた。

それで電気温水器に適正な水量検出が伝わらず、電熱器のスイッチが入らなかったものでした。楊枝を刺して汚れを取り除いて、直った次第でした。

 

 

そういえば数週間前、揚水ポンプの不調により、一時的に水道水が濁ったことがありました。それが遠因になっていたのかもしれません。

 

シャワーヘッドは2年前に買ったのです。

うちの水道は水圧が弱いので、確か購入時には、 「弱水圧でもちゃんと出るシャワーヘッド」と謳っている製品を買った記憶があります。

単に金属板に穴が開けられているだけでなく、そこにさらに小さな穴付きのシリコンゴムをかぶせてあるものです。なので、より詰まりやすいのかもしれません。

 

これからは、半年に1度くらい、自分でシャワーヘッド掃除をしたいと思います。