ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東160km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

ドンタンビーチ駐車場閉鎖

全長 7kmに渡るジョムティエンのビーチのうち、北側の2kmはドンタンビーチDongtan Beachと呼ばれます。車両進入禁止の遊歩道となっています。

 

 ドンタンビーチの入り口には、車数十台・オートバイ数百台が停められる有料駐車場がありますが、改良工事のため現在は閉鎖となっております。ご注意ください。

f:id:jomtien:20170614080441j:image

 

 ドンタンビーチの入り口はここ。セブンイレブンとジョムティエン交番の間を入っていきます。

f:id:jomtien:20170614080612j:image

 

交番の後の駐車場エリアは、跡形もなくなくなっています。 

私のお気に入りレストラン Sand Bar サンドバーの前では、こうなっています。

    https://goo.gl/maps/aBgbRvttxtD2

 

f:id:jomtien:20170614080728j:image 

 

何台もの重機とトラックが工事にあたっています。単なる駐車場の整備にしては、妙に大掛かりです。

トラックの車体には、Nong Nooch ノンヌーチのロゴが入っています。

 

ん? ノンヌーチ!?

 

ノンヌーチは、ジョムティエンの20キロ南にある植物園で、知られています。

  http://www.nongnoochtropicalgarden.com/

 

植物園だけでなく、パタヤ広域市を含む東部臨海工業地帯Eastern Seaboard 一帯において、高速道路や幹線道路の街路樹植栽及び管理を、事業の柱としています。

これはどうやら単なる駐車場整備ではなく、本格的な大規模工事のようです。 

 

 

日を改めて、出直してみました。

すると、工事のお知らせの看板が立っていました。

f:id:jomtien:20170614081339j:image

 

さらには、工事完了後のイラスト予想図の看板もありました。

f:id:jomtien:20170614081410j:image

 

これにより、

「ドンタンビーチに、24時間車両通行可能な舗装道路を敷設する」

と言う事が判明しました。来年完成予定。

 

つまり、 ドンタンビーチの遊歩道エリアをつぶすことにより、既存幹線道路のジョムティエンビーチロードを延伸し、2キロ北にあるプラタムナク地区のPratumbak Soi5まで、車で終日通り抜けられるようにするものです。

 

イラストによると、海側車線の路肩にはずらりと駐車スペースが設けられるようです。広い歩道も整備される模様。そうすると、砂浜の幅はいくらも取れそうにありません。

 

またイラストでは、現在無数にある有料ビーチデッキチェアが、全く描かれていません。

デッキチェアのオーナー数人に声をかけてみたところ、今のところ撤退通告は出ていないようで、営業は今後も続ける予定とのこと。

 

 

工事現場には、休憩用のテントやプレハブ小屋が設置され、本格的工事であることが伺えます。

f:id:jomtien:20170614082608j:image

 

 鉄筋の型枠を組み立てています。

f:id:jomtien:20170614082633j:image

 

工事がまだ本格化していない場所であっても、木陰を作っていた糸杉などの樹木がすべて抜き去られ,、殺伐とした光景になっています。

f:id:jomtien:20170614082834j:image

木陰の砂の上にマットを敷き、水着姿のままそよ風に吹かれながら、マッサージ師さんが1時間300バーツでボディーマッサージしてくれる愉しみは、もはや無くなってしまいました。

静かなビーチは、ジョムティエン地区から消滅してしまいました。

 

パタヤに比べ、広くて静かなビーチがジョムティエンのウリなのに、それを潰してしまっては本末転倒です。

 

緑豊かで自然あふれる、ジョムティエン随一の高級ホテルRabbit Resortラビットリゾートにしても、これまではお部屋から水着姿のまま出て、遊歩道をまたいですぐにビーチに出られたのは、これからはそうもいかなくなります。 プライベートビーチ付きではなくなります。

   http://www.rabbitresort.com/

 

 

それにしても、急ピッチな工事の進捗ぶりです。

先週、トラックで運ばれてきて横積みになっていたヤシの木が、

f:id:jomtien:20170614083616j:image

 

今週は既に整地が済んで、植栽が完了しています。

f:id:jomtien:20170614084017j:image

 

 

これはもしかしたら、単なる道路の敷設ではなく、「新たな大規模商業開発の第一歩が始まった」、と見るべきなのかもしれません。

 

 

ジョムティエンとパタヤを結ぶ幹線道路タプラやロードThappraya Roadは、途中の長い坂の部分と海岸の間に、広大な未利用地があります。

Thappraya Soi12の南側、イタリアレストランPan Pan 裏手北側のエリアになります。

 

 

ここの土地は、モールグループThe Mall Gtoup が保有しているようです。モールグループは、バンコク市内の高級デパートの、エンポーリアムやサイアムパラゴンを運営している会社です。

   http://www.themallgroup.com/

 

モールグループが、ここに大規模ショッピングモールを建設するのでは、との噂があるようです。

新しい道路は、このモールへのアクセス通路の役割があるようです。

 

現在はロシア人やゲイ向けののチープな海岸であるドンタンビーチを、高級モールにふさわしい通路に変える意図なのかもしれません。

 

 

ただ変化を嘆いているばかりでは、進歩がありません。

むしろ、変化を楽しまなくては! 

 

 10年ほど前まで、ジョムティエンはドイツ人の町でした。そこに大勢のロシア人が流入してくるようになり、町の様相が変わりました。

そのことを、当時の在住西欧人は嘆いていたかもしれません。

 

しかしロシア租界状態と化した現在のジョムティエンは、独自の個性を発しながら、ますます発展を続けています。

 

風俗遊びメインの西欧人とは異なり、家族連れやカップルでの滞在がメインのロシア人客増加により、官主導ではない形で、ビーチの健全化が進みました。

 

 今後10年で、2027年のジョムティエンが、今からは想像もつかない別の形で、個性的に発展し続けていってほしいものです。