ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東160km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

ウタパオ空港で脱出

昨年12月にウタパオ空港着の国内線を利用し、「ウタパオ空港便利」と記事を書きました。

  

jomtien.hatenablog.com

 

 

この4月のタイ正月ソンクラーンの時期には、東京へ行っていました。

フライトは、ウタパオ空港発マカオ経由でした。これは、使える!

 

東京行きを決めたのは、ソンクラーンの3週間前。 1ヶ月を切っていました。

ネットでフライトを検索すると、お正月だけあって値段がすごく高い。

バンコクドンムアン空港発のLCCのスクートやエアーアジアでも、往復12万円くらいします。閑散期の一番安い時は4万円くらいなので、 3倍です。

スワナブーム空港発の全日空やJALは、使い勝手の良い時刻のフライトは満席、もしくは15万円くらいします。

 

さすがに、これはかなわん。

 

二日間、ネットでさんざん探しました。

経由便で検索しても、やっぱり高額。バンコクの両空港発は、厳しい。

 

そこで、ふと思い立って、パタヤウタパオ空港で検索してみました。

エアーアジアは、ウタパオから国際線を5路線ほど飛ばしています。

マカオ便は、正月でも割引運賃となっていました。往復8,000バーツ。

ピーク時期でこ価格段なら、お値打ちです。即、クリックしました。

 

f:id:jomtien:20170520203314j:plain

 

実際にマカオ便に搭乗してみると、搭乗率は3割ほどでした。空いていて、 ビックリ。

隣の席が空いていて、快適なフライトでした。

お正月にタイの皆さんは、ギャンブルや香港観光に行かないんですかねー?

 

マカオからは、タイガー エアー台北経由で、東京へ向かいました。

乗り継ぎ時間がやたらと長くて、不便といえば不便ですが、その分マカオと台北の市内観光を楽しめました。

 

マカオ空港はコンパクトで、まともな飲食店はマクドナルドが一軒あるだけです。

時間を潰せるような場所はありませんが、全く問題ありません。タクシーで気軽に街中まですぐに出られるので、旨い広東料理にありつけます。

 

なお、ウタパオ発といっても、南寧・南昌・KL・シンガポール行きは高かったです。

たまたま、マカオ行きが安くて、ラッキーでした。

再来年あたり、マカオと香港を結ぶ世界最長の橋が完成したら、この路線フライトはさらに利便性が高まりそうです。

 

ウタパオ空港は、現在新ターミナルを建築中です。建屋はすでに完成しています。

オープン後は、北東アジア方面の路線数が、もっと増えてくれればと思います。

f:id:jomtien:20170520203450j:plain

 

今後、旅行の計画を立てる際には、ウタパオ空港のフライトも要チェックです。