ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

パタヤ 発モスクワ行き

春節おめでとうございます

 

旧正月で、ジョムティエンビーチは大賑わいです。

以前ご紹介した朝のビーチ太極拳エクササイズは、

jomtien.hatenablog.com

 

先週末の旧正月元旦は、100人以上の大勢の人たちで賑わっていました。

f:id:jomtien:20170131103222j:plain

 

場所はこちら。ブーンサク師範のビーチ太極拳。毎朝8時から。

 

 

とは言いつつ、ここはジョムティエンビーチ。

溢れているのは中国ではなく、ロシアからの皆さんです。

 

普段からロシアの人は多いのですが、特に2月にかけて顕著です。

絶対数も増えていきます。

 

もうロシアの皆さん、どんだけジョムティエンが好きなんだか。(笑)

5km北のパタヤビーチが、中国人観光客の皆さんに占拠されているのとは、対照的です。

 

いずれにしてもこの賑わいは、町の経済にとって良いことです。

今が一番の稼ぎ時です。

 

 

先週、バンコクへ日帰りした際、帰途エカマイ発パタヤ行き最終バスに乗り、

サウスパタヤからジョムティエン行きのソンテウ(乗合トラック)に乗り換えた際には、

午前2時近くになっていました。

 

深夜の公共交通機関は、なかなかにカオスであります。 

 

ソンテウの座席で私の横に座ってしたのは

ドイツ人のおっちゃん、

ビール大瓶をラッパ飲みしているロシア人のお姉さん、

泥酔状態ののスウェーデン人のお兄さん、

シラフで静かなタイ人のお姉さん。

 

スウェーデン兄さんが、「この車はジョムティエン行きか~?」と叫ぶので、

ドイツおっちゃんが「Yes,Jomtiem!」と答えていました。

 

向かいの座席には、若いロシア人男女カップルが3組。

 

トラック最後部の足乗せ台には、ロシア人のおっちゃん3人が手摺りにつかまり、立ち乗りしています。

うち一人はヘベレケで、乗客に誰彼構わず大声で話しかけます。

 

ろれつが回っていません。皆、苦笑い。

ロシア人の女の子たちは、その酔っぱらいトークに笑い転げています。

ドイツ人おっちゃんには、「Ohhhh, you are from Germany!!!」などと話しかけてます。

 

ドイツ人おっちゃんが、私の耳元でぼそっと呟きました。

 

「この車はジョムティエンじゃなくて、モスクワ行きだな」

 

こんなコスモポリタンなユルさが好きで、きっと私はジョムティエンに住んでるんですね。

 

 

サウスパタヤでのジョムティエン行きソンテウ乗り場は、こちらの交番前からになります。

 

 

ちなみに、ソンテウの最後尾に立ち乗りとは、こんなイメージです。

f:id:jomtien:20170131223836j:plain