読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東160km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

バンコクパタヤ病院ICU

昨年1回と今年1回、パタヤ市北部のバンコクパタヤ病院で、

集中治療室ICUに入院した友人の付き添いをする機会がありました。

 

この病院に来院する際には、限度額60万円以上のクレジットカード持参をお勧めします。

 

パタヤ地区No.1の私立大型総合病院で、メディカルツーリズムも手広く行っており、

サービスは万全で至れり尽くせりです。

費用は高額ですが、何かと安心。保険で費用がすべてカバーできる人向けの施設です。

  http://m.bangkokpattayahospital.com/en

 

中央棟2階に、集中治療室ICUがあり、20のユニットがあります。

f:id:jomtien:20161223065408j:plain

重篤な患者、外科手術直後の患者が収容されます。

各ユニットごとに24時間、看護師1人がつきモニンターする、厚い体制です。

 

面会時間は、午前9時から午後3時、および午後6時から9時となっています。

実際にはずっと付き添いがいても構わないのですが、深夜0時には帰されます。

 

ユニットにはしょっちゅう、看護師や医療スタッフの方々が出入りするので、

付き添い者は邪魔にならないようにする必要があります。

 

明るい雰囲気で堅苦しくはなく、売店で買ったコーヒーをこっそり持ち込んだり、

小声であれば携帯電話で短時間話しても、一応怒られません。

 

入院手続きの際は、加入している保険会社に病院受付の人が連絡を入れてくれ、

費用が確実に保険でカバーされることを、確認してくれます。

 

ただそれでも、自分のクレジットカード提出を求められ、

20万バーツ(60万円)の入院保証金が差し引かれます。

集中治療室ICUは高額なので、こうした処置が取られるのかもしれません。

 

ちょっと具合が悪くて診てもらいに来たら、意外と重篤で即入院になった、

などということは起き得ます。

病院来院の際には、必ずクレジットカード持参で訪れたいものです。