ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東160km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

ジョムティエン中国化

パタヤの市街地では最近、中国人観光客の存在が、日増しに大きくなってきています。

中国人経営の不動産会社が、ポツポツと登場してきています。

著名な歓楽街のウォーキングストリートでは、バーの開店時刻はおおむね20:30なのですが、

20時頃の時間帯は、大勢の中国人団体客の皆さんが、通りを占有して闊歩しています。

 

パタヤから5km南のジョムティエンビーチには、まだ中国化の本格的な波は来ておりません。

ここ10年ほどは基本的に、4週間のバカンスを過ごすロシア人ファミリー向けのリゾートとなっています。

 

ビーチには観光名所やお買い物スポットは無く、ファストフードのチェーン店さえ有りません。

バナナボートやパラセイリングといったオプショナルツアーの設備もありません。

滞在客は皆、ひたすら、日光浴とお喋りのみをして過ごします。

 

短期旅行者向けのインフラがあまりにも何も無いので、

中国・韓国・日本といった東アジアの観光客には、全く人気がありません。

実際、欧州各国のレストランは豊富にある一方、中華・韓・和食の店は皆無です。

 

ビーチ沿いの大型観光ホテルには、大勢の中国人観光客の皆さんが宿泊しています。

しかし、ゆっくりと海水浴することはなく、すぐに大型観光バスで移動してしまうので、

ビーチでの存在感はありません。

 

 

ただ、今年に入り、中国系のお店が3件ほどオープンしました。

もちろん漢字の看板です。

 

そのうちの1軒がここ。

以前、不動産屋だった場所に、中国系の健康寝具店がオープンしました。

場所は、ジョムティエンの中心、ハヌマーン像交差点です。

タイ文字が無く、中国語と英語の看板なので、観光客相手なのは明らか。

f:id:jomtien:20161008033125j:plain

 

とはいえ、観光客がわざわざジョムティエンに来てまで、毛布や枕を買うのだろうか?

むろん、商機ありと判断しでの開店でしょうから、今後の展開が楽しみです。

今後の中国系ビジネスの進出ぶりに、注目です。

 

Goole Mapsでの位置は、この辺になります。