ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東150km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

万里の長城事情

 ジョムティエンの幹線道路 Thappraya Road とJomtien 2nd Road は、片側3車線の幹線道路です。夜になるとハイデッカーや二階建ての大型観光バス数十台が、道の両側の路肩にズラッと駐車し、巨大な壁を形成する事が有ります。特に週末や中国の休暇シーズンに顕著です。どれも中国人団体観光客様を大型観光ホテルに送った後、バスが路肩を夜間駐車場としているものです。私はこれをGreat Wall 「万里の長城」と個人的に呼んでいます。

f:id:jomtien:20150505191432j:plain

 

ジョムティエンの町は、6年ほど前まではジャリ道かコンクリート簡易舗装道路しか無く、まともなアスファルト舗装道路は無くて、一昨年までは交通信号も有りませんでした。当然、交通規則という意識は希薄で、車の駐車はその辺に適当に停めておくのが当たり前、観光ホテルが敷地内にバス用駐車スペースをきちんと整備確保するという事も有りませんでした。のどかなものでした。

 

それがこの数年で観光客が激増し、特に中国の方は個人ではなく団体ツアーでの参加なので、行き交うバスの数が激増し、この壁の発生となりました。
今の所、バス駐車により車線が一つ減っても渋滞につながることは無いので、圧迫感は甚だしいものの実害にはなっていません。ジョムティエンはロシア人の町ですが、タイ全体で見れば訪問者数は中国人がロシア人の3倍あり、一番のお得意様です。こうしたバスの壁が出来るのも、或る意味有難い事です。壁の長大さが町の経済への寄与度を示しているように見えます。

 

これが何年か経って、団体でなくロシア人の様に個人で行動するようになったら、もしかしてジョムティエンがチャイナタウンに変身する可能性もあるのかなと思います。

f:id:jomtien:20150505160720j:plain