ジョムティエンビーチ便り

バンコクの南東160km、パタヤの南5kmに位置するJomtien Beachでロングステイしています

降雨事情

ジョムティエンビーチの雨季は、年により変動はありますが、概ね5月から11月まで。

 

一年中、日中気温30度を超える常夏の地ですが、サバンナ気候で雨量自体はそれほど多くありません。日本では、放置された空き地というのは、1年経つと人の背丈ほどもある雑草が生い茂ったりしますが、此処ではそうなりません。雑草は干からびてしまいます。
雨季でも、皆外出時には必ず傘持参、という程ではありません。
またジョムティエンとパタヤでは、プラタムナクの丘を境に片方は雨でももう片方は晴れ、なんてこともしばしば。


雨季の典型的なお天気は
   午前: 青空が広がって良い。泳ぐなら早い時刻からビーチへGo。
    昼: 12時位になると雲が空全体を覆い、日差しが無くなる。
    午後: 16時位から強風が吹き始める。週2日ほど、スコールになる。
    夜: スコールは1時間ほどで収まるが、外出時は足元に注意。

 

私は、曇天になるとホッとします。日差しが遮られ、ちょっと外出するのにも億劫でなくなるので。

8月は意外と良いです。曇りが多く東京よりもむしろ涼しい。
お盆の週でもホテルもビーチもオフシーズンという事でガラガラで、リピーターにお勧め。

 

10月は海水浴には不適。雨季末期で、雨の頻度、量共に増える。
11月は悩ましい所。後半は年により乾季に入る事もあるが、雨季のままだと、雨ばっかり。2014年は乾季でラッキーでした。